アジアンタムの回復にも貢献してくれた液体肥料ハイポネックス

こんばんは。

今回は、UCHIでよく利用している速効性がある液体肥料の「ハイポネックス」をご紹介します。

ハイポネックスは手ごろな価格で使いやすい液体肥料(活力剤)で、観葉植物はもちろん、多肉植物でも利用できます。

たまたま以前まで利用していたものがなくなったので、新しいものを購入してきましたのでご紹介します。

 

今回の目次

  • ハイポネックスについて
  • ハイポネックスの使い方

 

ハイポネックスについて

UCHIではハイポネックスはこのブログを始める前から利用しています。

また本日ご紹介した、アジアンタム・ミクロフィラムに、ハイポネックスを利用をしました。

 

ハイポネックスをアジアンタム・ミクロフィラムに利用した理由は、特徴のひとつに「速効性がある」ということに期待したからです。

もちろん状態が回復し始めたのは、ハイポネックスの効果だけではないとおもいますが、それではアジアンタム・ミクロフィラムの回復に一役買ってくれたのではないかと思います。

 

 

こちらが購入したハイポネックスで、UCHIではいつも800mlを選んでいます。

もちろん置き場所や、育てている植物の数にもよりますが、ハイポネックスのバリエーションは、160ml、450ml、800mlとありますが、その中でも800mlは割安でお得に購入できます。

 

 

ハイポネックスのいいところは、先ほどもご紹介した速攻性と、様々な植物に使えることです。

UCHIではやはり観葉植物と多肉植物(サボテンと記載されています)に使えることは必須です。

 

 

ハイポネックスは三大栄養素と呼ばれる、チッソ6、リンサン10、カリ5という配合になっているようです。

チッソとは窒素(N)主に葉の生育や色つやなど

リンサンとはリン酸(P)主に花を咲かせ、実の生育など

カリとはカリウム(K)主に根の生育など

に役立つ栄養素です。

 

 

因みにですが、ハイポネックスは有効期限のようなものはなく、右のものは古く、購入してきた新品と比べ、ビニールのラベルが変色しています。

 

 

ハイポネックスの使い方

使い方はラベルやホームページなどを参考にして使いますが、観葉植物なら1週間に1回、多肉植物なら2週間に1回、適量を水に薄めて使うことが推奨されているようです。

 

 

またラベルにも記載されていますが、容器の蓋(キャップ)で軽量できます。

 

 

UCHIの水さしは中身が見えないので、今回は中身がわかりやすいように、半透明の霧吹きを使って水で薄めた様子をご紹介します。

 

 

与え方としては、一般的な水の与え方と同様で、鉢の下から水がしみ出る程度与えます。

うっかり受け皿を置くのを忘れて、薄めたハイポネックスを与えたので、しみ出ている様子がわかりやすくなりました。

 

 

薄めて使う液体肥料(活力剤)は多種多様で、価格も様々なものがありますが、今回はUCHIでよく利用しているハイポネックスをご紹介しました。

ハイポネックスは使いやすいので、初心者の方が初めて肥料を選ばれるときや、どれを買っていいのか迷われたときなどは、ひとつの選択肢としておすすめです。

UCHIでも引き続き、育てている植物をより良く育てるため、ハイポネックスを利用していこうと思います。

 

ハイポネックス原液 800ml ¥980(税抜)

因みにハイポネックスはアマゾンやホームセンターなどの価格を事前にチェックすると、上記の価格よりお得に購入できる場合があります。

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。