明暗が分かれてしまったテーブルヤシ

テーブルヤシ

こんにちは。

今回は、UCHIの購入してすぐに株分けしたふたつの「テーブルヤシ」ですが、株分け後しばらく経ちましたが、置き場所の違いで明暗を分ける結果になってしまいました。現在のふたつのテーブルヤシの様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIふたつのテーブルヤシ
  • テーブルヤシの育て方
  • 明暗が分かれてしまった原因は
  • 手遅れかもしれないが

 

UCHIふたつのテーブルヤシ

明暗が分かれた二つのテーブルヤシ

UCHIの「テーブルヤシ」を初めてご紹介したのは2018年10月20日で約2ヶ月前です。

 

 

購入後すぐに株分けし大小ふたつに分けたテーブルヤシは、大きい方はリビングの窓際おきました。
一方小さなコンパクトにまとめた方はトイレの窓際に置いていました。

 

 

元気なテーブルヤシ

まだ約2ヶ月ですが、リビングの窓際に置いている方は少し大きくなった感じがします。
すごくイキイキとした様子です。

 

 

テーブルヤシの葉が太く

葉が僅かですが太くなり、青々とした感じで元気に生長しているようです。

 

 

 

テーブルヤシ根元

小さなテーブルヤシですが、根元もそれなりに太くしっかりしています。
これならこの窓際の置き場所で心配はなさそうです。

 

一方トイレに置いていた方は、約ひと月程は問題なかったのですが、11月の終わりぐらいから少しずつ葉の色が茶色く変色しているような変化がありました。

そしてこれが現在の様子です。

 

 

弱ったテーブルヤシ

変色に気が付いたときはすぐに水を与え、日当たりのよい場所へ移し様子を見るようにしました。
しかし一向に状態が良くなる様子がありませんでした。

 

日当たりのよい窓際移動させ様子をみて約2週経過しましたが、今のところこのテーブルヤシが回復する様子がありません。

 

 

枯れている葉

枯れてしまったのでしょうか・・・
葉は茶色く変色したもの、また緑色の葉も笹の葉のようになりカサカサで色も悪いです。

 

ここで一度テーブルヤシ育て方をおさらいしておきます。

 

テーブルヤシの育て方

テーブルヤシはヤシ科の植物ですが、直射日光には当てないようにして乾かし気味に育てます。
水はけがよい土がおすすめということでした。

 

日当たり

一年中遮光されたような日が当たり、風通しのよい場所を好みます。
しかし耐陰性もあるので日が当たりにくい場所でも育てられますが、時折日当たりのよい場所で日光浴をさせてあげると元気に育ちます。
※強い日差しや直射日光は避けるようにします。

 

水やり

春から秋は土が乾いたら水を与え、冬は寒くなるにつれ、乾かし気味にします。
特に寒い時期は水はけが悪いと根腐れの原因になる可能性があるようですので注意が必要です。

 

冬越し

テーブルヤシ寒さが苦手のようですので、冬は室内で管理するほうが無難です。
※室内でも5℃以下にならない様にするのがテーブルヤシを冬越しさせてあげるポイントになりそうです。

 

明暗が分かれてしまった原因は

トイレは北側ですので、日当たりがあまりよくないのですが、まったく日当たりがないわけではありません。

この場所は、2018年11月30日にご紹介したサンセベリアと同じ場所です。

 

ただしこの場所はかなり寒いです。

育て方でご説明したように、比較的にテーブルヤシは耐陰性もあり、気温も5℃ぐらいまでは耐えれるということですので置き場所としても大丈夫だと考えたのですが、他に問題がありそうです。

 

 

笹の葉のようなカサカサ

葉が笹の葉のようにカサカサになってしまって、色艶がありません。
よく考えてみると、水の与え方(管理)が悪かった可能性があるのではないかと考えましたが、

 

 

根腐れしてしまったテーブルヤシ

よく現状の状態を観察すると、この鉢は底に穴がないの控え目に水を与えていたのですが、穴がないので水はけが悪く根腐れしてしまった可能性が大きいのではないかと思い始めました。

 

手遅れかもしれないが

もうここまで状態が悪化してしまうと手遅れかもしれませんが、鉢をあまっているプラスチックの穴あきのものへ移し替え何とか再生したいと思います。

 

 

ちゃんと穴があいたものです。

 

 

傷んだテーブルヤシは簡単に抜き取れました

作業は簡単で、底に軽石を敷いて、土を少し入れ、あとはそのまま元の鉢から植え替えました。

 

 

根腐れなら望みは薄いですが、しばらくこのまま様子を見たいと思います。

 

 

時間がかかっても元気になればいいのですが・・・もし変化があればお伝えします。

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。