野菜に挑戦

こんにちは。

今回は、UCHIで初めて野菜を育てることに挑戦するため、種まきなどをして準備をした様子をご紹介します。

4月は新年度ということもあり、新しいことを始めるのには、ひとつのきっかけになる月です。

そこでUCHIでは100円ショップで販売されている種を使って、野菜を育てることに挑戦したいと思います。

まず2種で100円の4種(小松菜、ほうれん草、ベビーリーフ、枝豆)と、1種100円(トマト)の合計5種の種まきをしましたので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIで育てる野菜
  • 5種の野菜の種をまく
  • 5種の野菜の種まきを終えて

 

UCHIで育てる野菜

UCHIでは観葉植物や多肉植物は基本的には1記事、1種というご紹介の仕方をしています。

しかし苗で購入してきたわけでなく、種から育て始めるため、同時に種まきをしますので、育て始める野菜をまとめてご紹介をします。

また収穫できるぐらいまで育てることができれば、個々の様子をご紹介したいと思います。

 

 

冒頭でもご紹介しましたが、100円ショップでは2種100円で種が販売されています。

そこで右から「ベビーリーフ」、「丸葉こまつな」(小松菜)、「ほうれん草」、「早生枝豆」(枝豆)の4品種を選びました。

この4種は、なんとなく育てやすいのではないかという、安易な発想で選びました。

 

 

そしてこちらが、プレミアムシリーズとして、1種100円で販売されている家庭菜園の王様ともいえる「トマト」も購入してきました。

※因みに自分は枝豆と調理されていないトマトは食べれません。

 

 

一般的にはプランターなどで育てると思いますが、UCHIではうまく育てることができるかわかりませんが、まずは手軽に始めるためビニールポッドで育てたいと思います。

今後はある程度生長してからどうするか考えたいと思います。

 

それではご紹介した5種の野菜の種をまきたいと思います。

 

 

5種の野菜の種をまく

それでは準備をして種まきを始めます。

まず、以前ホームセンターで、10Lで238円(税別)と安価で購入していた土を使います。

 

 

安価ですが、この写真のように、”野菜や花にそのまま使えます!”と書いているので信用したいと思います。

 

 

木箱に並べたビニールポッドに、先ほどの土を入れて種まきの準備をしました。

土を入れると意外とスペースが増え、ビニールポッドを先ほどの写真より、縦、横1列ずつ増やすことができました。

 

 

こちらが小松菜の種で、茶系で丸型の種です。

この小松菜の種を、左から2列分のビニールポッドに2,3粒ずつまきました。

 

 

そしてこちらがほうれんそうの種で、白系の小粒の石のようです。

このほうれん草の種は、小松菜の次の左から2列分のビニールポッドに同じく2,3粒ずつまきました。

 

 

次にこちらがベビーリーフの種で、小粒の茶系の種です。

この種を、ほうれんそうの隣の1列に2,3粒ずつまきました。

 

 

次にこちらが枝豆の種で、枝豆が乾燥したような状態です。

この種をベビーリーフの隣の1列に、2粒ずつまきました。

 

 

最後にこちらがトマトの種です。

プレミアムシリーズなので、少ししか入っていませんでしたが、何だか期待が持てそうな雰囲気です。

 

 

こちらが、種まきした区割りです。

また一応このようなやり方なので、保険としてそれぞれほかにも種を植えてあります。

 

それでは最後に水を与え準備は完了です。

 

 

5種の野菜の種まきを終えて

霧吹きで水を与え、UCHIでの野菜へ挑戦の準備は整いました。

 

 

何日ぐらいで芽が出るのか楽しみですが、どこで育てようか悩んでいます。

まずは一応ベランダを候補に考えいます。

 

 

観葉植物や多肉植物でも種から育てたことがないので、どれくらいの期間で芽がでるのかわかりませんが、とても楽しみにしています。

 

今回は種まきをして、野菜を育てる準備だけのご紹介ですが、このような社会情勢なので、もし種や土、ビニールポッドを手に入れることができれば、お子様達と一緒に作業すると、気分転換や、共通の楽しみにもなると思います。

※後始末が大変だと思います。

 

経験もなく、うまく発芽してくれるかわかりませんが、今後種をまいた5種が芽生えましたら、その様子をご紹介したいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

7日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。