野菜の間引き

こんにちは。

今回は、ビニールポッドに種をまき、無事発芽した全5種の野菜の間引きをしたので、その様子をご紹介します。

UCHIでは100円ショップで購入した種をビニールポッドにまき発芽させましたが、思いのほか100円ショップで購入した種の発芽率が高く、小さなビニールポッドに複数の株が所狭しと生長しています。

また最近は上へ伸びるのではなく、茎が太くなるような生長をしている印象があり、そろそろしっかりと育てるため、少しかわいそうな気もしますが、株を厳選して間引こうかと思います。

しかし詳しい知識はありませんので、見た目でより良い株を判断して、一つのビニールポッドにつき1株としたいと思いますので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIの野菜
  • 野菜の間引き
  • 間引きをしたUCHIの野菜

 

UCHIの野菜

UCHIの野菜は2020年4月16日に、種をまいた全種(5種)が無事発芽した様子をご紹介しました。

 

そしてこのご紹介から6日が経ち、発芽したてだった枝豆は圧巻の勢いで生長をしています。

しかし想像以上に100円ショップで購入した種の発芽率が高く(あくまで自分の想像です)、ビニールポッドに複数の株が所狭しと生長を初めていて、このままでは小さなビニールポッドの中の土の養分を取り合うことになります。

また株同士が密集しているので、風通しも悪くなると思いますので、せっかく発芽したのですが、思い切って間引きたいと思います。

 

まずはその、間引く作業をする前に、UCHIの野菜5種の現在の様子をご紹介します。

 

こちらが前回のご紹介から6日経が過した、UCHIの野菜の様子です。

1株目立つものがありますが、ご覧いただいているように種まきした全種が無事発芽して、それぞれ生長を続けている様子がうかがえます。

 

 

6日前と比較すると、左から2列目までの丸葉こまつな(小松菜)、左から3列目と4列目のほうれんそう、左から5列目のベビーリーフの茎は伸びるといった生長ではなく、茎が太くなっているような印象があります。

 

 

そして左端のトマトは、遅れて発芽したので、他の野菜の初期の生長の仕方と同様に茎が伸びました。

そして驚きが枝豆で、右から2列目の枝豆は無事発芽していて、発芽は1番遅かったのですが、発芽してからは脅威的なスピードで茎が伸びています。

 

 

その枝豆の中でも1番発芽が早かった株は、ご覧いただいているように6日間で圧巻の生長をしています。

しかしその横にも枝豆が発芽しているように、このままでは複数の株でこの小さなビニールポッド内の土の栄養の取り合いをすることになります。

また複数の株が所狭しと生長していて、株同士が重なり風通しも悪くなるので、そろそろ間引いて状態の良い株だけにしたいと思います。

 

 

野菜の間引き

考えていた以上に100円ショップで購入した種の発芽率は優秀で、生長した様子もほぼ同じぐらいなので、どれを間引くか悩みましたが、しっかりと吟味して、かわいそうな気もしましたが、ここは思い切って間引く作業を進めました。

 

 

余っていたビニールポッドに植えなおした株もありますが、さすがに全ては難しく、残念ですが諦めた株もあります。

 

 

また枝豆はこのサイズでも、ご覧いただいているようにしっかりと根が複数本生えていました。

 

 

しかし枝豆の発芽していないビニールポッドを掘り起こすと、カビだらけになった豆(種)がありました。

枝豆の種をまいた後は、このような状況になっていないかチェックが必要だと知りました。

 

それでは間引いてそれぞれのビニールポッドに1株だけにした、UCHIの野菜をご紹介します。

 

 

間引きをしたUCHIの野菜

こちらが一つのビニールポッドに対して1株だけにした、UCHIの野菜の様子です。

間引くのはとても気が引ける作業でしたが、これは仕方がないことだと思いますので、正しい判断ができたかはわかりませんが、しっかりと選別して間引きました。

 

 

まだひょろひょろと弱々しい印象がありますが、今後はビニールポッド内の土の養分を独り占めできるので、新たな変化を期待したいと思います。

 

 

プレミアムシリーズのトマトを間引くのより気が引けました。

間引いた株は数株を別のビニールに植え替え、この株たちと違った場所で育ててみたいと思います。

 

 

またこのベビーリーフは間引かず、2株一緒にこのまま育ててみたいと思います。

 

 

そして気がかりもあります。

それはこの1番伸びた枝豆の横の発芽したものを間引くときに、根がしっかりと張っているので、この伸びた株を倒してしまいました。

すぐに植え直しましたが、今後その影響がないか心配です。

 

 

時間をかけ、できるだけ丁寧に間引き、その後はたっぷりと霧吹きで水を与えました。

これで間引き作業は一応完了です。

 

今後立派に生長するためには、間引く作業は必要だと思いますので、少しかわいそうですが、一応これで次のステップに進めたと思います。

また今後、作業したUCHIの野菜に新たな変化がありましたら、その様子をご紹介します。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

トマトのその後の様子

48日後の様子をご紹介します。

 

枝豆のその後の様子

55日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。