奥に追いやられたストレリチア (オーガスタ)

ストレリチア

おはようございます。

冬なので園芸店やホームセンターなどで傷んだ観葉植物かなり低価格で売り出されているのを見かけます。そんな中傷んだストレリチア(オーガスタ)がありましたので購入してみました。

今回の目次

  • ストレリチアについて
  • ストレリチアの育て方
  • UCHIのストレリチア

 

ストレリチアついて

ストレリチアは非常に育てやすい植物で、大きな葉が特徴です。

 

ストレリチアは様々な別名で売られてたりしているよです。
オーガスタやニコライ、レギネなど・・・

 

ただよく調べてみるとオーガスタは別品種のようです。
オーガスタは株が小さいと咲きにくいようです。

 

ですのでこの植物がオーガスタという品種なのかレギネという品種なのかわかりません。
花が咲いたりするべ判別できるかもわかりませんが、ここではストレリチアとして扱います。

 

ストレリチアの育て方

日当たりを好む植物でしっかり春から秋にかけて日に当ててあげるのがポイントになりそうです。
それ以外は乾燥にも強いので、比較的に育てやすそうです。

 

日当たり

ストレリチアは日当たりを好みます。特に春から秋には直射日光を当ててもいいようです。
日当たりをよくすることで花付きをよくする目的もあるようです。

冬は明るい室内で管理します。

 

水やり

春から秋までは土が乾いたらたっぷりあたます。
冬は乾かし気味に。

 

肥料

春から秋に2,3か月に一回緩効性肥料を与えるようにします。

 

 

UCHIのストレリチア

このストレリチアは園芸店の奥の方にあり、破格の200円(税別)で売られていました。
傷んだ様子なので一度はそのまま立ち去りましたが、ほかの植物などを見てしばらくしてからやっぱり買ってみようと思い購入しました。

安価ということはもちろん問題があります。

その問題とは、このストレリチアは3枚の葉があります。

1枚目の葉ですが、

問題もなく普通の元気な葉です。

 

 

2枚目の葉は少し葉焼けしたような跡がありますが、まぁ大丈夫だと思います。

 

 

3枚目ですが、この葉は、かなりひどい状態です。
これは葉焼けでしょうか。

 

ストレリチア

日差しに強いストレリチアがこのようになるにはどういった場所に置いていたのでしょうか・・・

 

少し考えたのですが、前回のシンゴニウムで、

 

葉焼けした部分を切り取りました。

 

このストレリチアも葉焼けした部分をピンクの点線で切り取ってやればいいのかと思いましたが、さすがに問題ありそうなのでやめておきます。

 

 

一応根元付近の枯れた茎の様な物を除去しようと思います。

 

 

いつもの作業台で作業し、このピンクの丸い部分を除去します。

 

 

除去しました。
少しきれいにすっきりとしました。

 

今出来る事はこれぐらいですのでこのまま春まで待ちたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

このストレリチアは夏までにはいい感じのなってくれると思いますので、同じように傷んでいたフィロデンドロン

ともども楽しみにしてください。