ようやく新しい葉が出てきたストレリチア・ニコライ(オーガスタ)

こんにちは。

今回は、やっと新しい葉が出てきたストレリチア属の人気の観葉植物「ストレリチア・ニコライ」(オーガスタ)のその後の様子をご紹介します。

UCHIのストレリチア・ニコライは園芸店で傷んだ状態のものを破格で購入し、何とか元気な姿にしたいと考えています。

傷んだ葉が多いのですが、暖かくなりようやく新しい葉が出てきてくれたので、そのれに合わせてストレリチア・ニコライに思い切ったお手入れをしたいと思いますので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのストレリチア・ニコライ
  • ストレリチア・ニコライのお手入れ
  • お手入れしたストレリチア・ニコライ

 

UCHIのストレリチア・ニコライ

UCHIのストレリチア・ニコライは2018年12月8日にご紹介しました。

 

購入した時から葉が枯れあまりよい状態ではありませんでした。

ストレリチア・ニコライ(オーガスタ)は比較的強い植物ですので、時間はかかると思いますが、何とか元気な姿にしたいと思うも簡単なお手入れを施し生育期まで静観しようと考えていました。

しかし暖かくなりようやく新し葉が出てきましたので、栄養が新しい葉へより多く行き渡ればと思い、今回は大胆なお手入れをしたいと考えています。

 

まずはUCHIのストレリチア・ニコライの現在の様子をご紹介します。

 

想定外がありましたが、枯れずに冬越しできてひと安心です。

 

 

想定外とはこの茎を折ってしまったことです。
窓際に置いていたので、窓を開けたときに風でカーテンがなびき引っかかって転倒させてしまい、その際残この茎を折ってしまいました。

 

 

こちらが購入当初から枯れた部分が目立つ葉です。

変色して枯れている部分がより広がりました。
このままこの葉を残すのは株全体にとってもいいことではないと思います。

 

 

こちらが一番状態がよい葉です。
葉の先に少しダメージがあります。

 

 

待望の新芽が出てきました。
待ちに待ったのでとてもうれしかったです。

 

 

ストレリチア・ニコライは購入時に入れられていた鉢から形状が同じですが、底に穴のないタイプの鉢へ入れ替えています。

この時にストレリチア・ニコライの根がこのように太くしっかりした根だっとことに驚きました。

 

この鉢は以前はUCHIのモンステラに使っていたもので、またこの太く多肉質の根もモンステラとよく似ています。

 

この新芽と太い根があるのでUCHIのストレリチア・ニコライは元気な姿にできるとより確信しました。

今後のストレリチア・ニコライの生育のためにもここで思い切って枯れた葉と折れた茎の葉を取り除き思います。

 

 

ストレリチア・ニコライのお手入れ

それではストレリチア・ニコライのお手入れを始めます。

 

思い切って枯れた葉と折れた茎の葉を根元付近の茎から切断し取り除きました。

 

 

根元付近から切断しましたが、茎の残りは自然に枯れるまで待つしかないかと思います。

 

これで残した葉と新芽へ栄養が行くようになればと考えています。
またストレリチア・ニコライの葉は大きいので、ほこりが付きやすいのでティッシュペーパーを少し濡らし、ほこりを拭き取りきれいにしました。

 

それでは2枚の葉(茎)を取り除き、お手入れを終えたストレリチア・ニコライをご紹介します。

 

 

お手入れしたストレリチア・ニコライ

葉を2枚取り除いたのでストレリチア・ニコライは少し寂しい雰囲気になりました。

 

 

しかしこれから新芽が元気に育ち、大きな葉に生長すると考えています。

 

 

ほこりなどを拭き取り、少し葉水をして乾き始めたころに撮影した残った大きな葉です。
しばらくはこの一枚の葉で頑張ってもらいます。

 

 

これでUCHIのストレリチア・ニコライは今後の変化がより楽しみになりました。

今回のお手入れでストレリチア・ニコライが堅固な姿へと生長を遂げてくれると期待しています。
またストレリチア・ニコライに変化がありましたらその様子をご紹介します。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

17日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。