歪なカタチになった姫将軍の親株と子株のその後

おはようございます。

今回は、歪なカタチになったアウストロキリンドロプンチア属のサボテン「姫将軍」の親株と挿し木にした子株のその後の様子をご紹介します。

UCHIの姫将軍は先端が歪なカタチになったことは以前お伝えしていましたが、その歪な先端がより歪なカタチへと生長しています。

また前回は同切りと表現していましたが、カットして挿し木にした姫将軍も無事枯れずに過ごしていますので、それぞれの姫将軍の現在の様子をご紹介したいと思います。

今回の目次

  • UCHIの姫将軍
  • 姫将軍の挿し木のその後
  • 水を与えた翌日の姫将軍

 

UCHIの姫将軍

UCHIの姫将軍はに先端が伸び歪なカタチになった様子をご紹介しました。

 

このご紹介から約3ヶ月半経ち、UCHIの姫将軍はその先端が伸びより歪な様子になりました。

またこの時わき芽をカットして挿し木にした姫将軍もありますが、まずはより歪なカタチになった姫将軍の親株の様子をご紹介します。

 

 

こちらが現在の姫将軍の様子です。

先端が以前より伸びてより独特な姿になってしまいました。

 

 

伸びた先端は時間とともに膨らんでくるのかと考えていましたが、その様子はなくむしろより以前より個性的な姿へと生長しました。

 

 

また先端の方では白っぽい透明の糸状の針のようなものが長く伸びました。

 

 

前回挿し木するためわき芽をカットした部分も無事のようで、その紹介の時にとても小さかった中央の姫将軍も少し生長した印象があります。

 

 

また以前にもシワが目立つ状態になりましたが、水を控えていたのでトゲの部分などにシワが目立つようになりました。

水が不足していると思うので水を与えてあげたいと思います。

 

その前に前回同切りして挿し木した姫将軍がありますので、現在の挿し木の様子をご紹介します。

 

 

姫将軍の挿し木のその後

こちらが前回カットして挿し木にした姫将軍です。

うまくいくか不安がありましたが、夏も無事過ごし今も枯れずにがんばってくれています。

 

 

しかし水を与えていいものなのかわからず、時折少量を与えていましたが、現在は親株同様にシワが深く入り始めました。

また奥の小さな株もかなりシワシワになっているので、根が生えているのか確認し水を与えたいと思います。

 

 

土から挿し木にしている姫将軍を抜き出しました。

少し前に同じようにカットして挿し木にしたオンコクラータの様子をご紹介しましが、その時と同じように多分根が伸びていて、その根に土が絡んでいるようです。

 

 

より状態を正確に知るため、その付いている土を軽く払ってみました。

するとやはり太い根が生えていましたので、姫将軍の挿し木と現状としては成功です。

また根が生えていることが確認できたので、今回は親株とこの子株に少し多めに水を与えたいと思います。

 

 

あまりオススメできませんが、全体的に霧吹きで水を吹き掛けました。

これは以前シワが目立ちさらには赤く変色し始めたときに同じように霧吹きで水を吹き掛けうまくシワが消えたので、その時の方法と同じです。

 

それではこのまま一日日陰に置いた姫将軍をご紹介します。

 

 

水を与えた翌日の姫将軍

こちらが今朝の姫将軍の様子です。

もう少しシワが伸びるかと考えていましたが、想定よりシワが消えることがありませんでした。

 

 

挿し木にしている小さな姫将軍に入った深いシワも今朝の様子では消えませんでしたが、もう少し時間が経つと消えるのではないかと思います。

今後もう少ししっかりと土が乾いたら遮光された日当たりのある場所で育てていきたいと思います。

 

 

親株の姫将軍も想定よりはシワが消えませんでしたが、また日を重ねるごとに状態が改善すると思います。

歪な様子には違いありませんが、また今後姫将軍に変化がありましたら、その様子をご紹介したいと考えています。

 

今回ご紹介した姫将軍の基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。