全ての葉を失ったウンベラータの新しい葉

こんにちは。

今回は、葉に異変を感じてから、全ての葉を失ったフィカス属の観葉植物「ウンベラータ」のその後の様子をご紹介します。

ウンベラータは冬に葉が部分的に黄ばむ異変を感じ、次第に症状が悪化して最終的には全ての葉がなくなってしまいました。
またその葉がなくなっていく最中に、うっかりウンベラータの茎を折ってしまう失態も犯してしまいました。

しかし折れた茎をすぐに水につけ、水挿しのようにしたことで新たな体験をすることができましたので、その様子も併せてご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのウンベラータ
  • 折ってしまったウンベラータの茎
  • 発根したウンベラータの茎を挿し木に

 

UCHIのウンベラータ

UCHIのウンベラータは2019年1月6日に異変があることをご紹介しました。

 

 

このご紹介では日照不足が原因で、葉に黄ばんだ部分ができたのではないかと考えていたのですが、ハダニが原因だった可能性があります。

そしてその後は葉の状態がより悪化し、葉が次々と枯れだしました。
またそんな状態の悪いなか、葉がついた茎ごと折ってしまうトラブルもありました。

こうした失態と合わさり、ウンベラータは最終的に全ての葉をなくしてしまいました。

ウンベラータにはとても可哀そうなことをしてしまいました。

 

しかし、ウンベラータは強い観葉植物なので諦めず、水の量にとにかく気を使い適切に管理すると、ようやく新しい葉が芽生え育ち始めています。

まずは現在のウンベラータの様子をご紹介します。

 

 

以前のご紹介の時と比べるとかなり変わり果てた姿になってしまいました。

 

 

一旦は全ての葉をなくしましたが、何とか持ちこたえてくれて新しい葉をつけてくれ、今はこの二枚の葉になりました。

 

 

こちらが3日前の2019年5月13日の様子です。
新しい葉がまだ丸まっています。

 

 

そしてこちら今日の様子です。
開いたばかりの新しい葉はピンとしたハリがなく、波打つような状態ですが、今後に希望が持てました。

 

 

こちらが茎を折ってしまった方です。
こちらの茎からも新しい葉がもうすぐ芽生えると期待しています。

 

 

折ってしまったウンベラータの茎

予想外のことで折ってしまったウンベラータの茎ですが、すぐにペットボトルに水を入れ水挿したことで、ウンベラータは新たな経験をさせてくれました。

 

水挿しにして数日後、水に浸かっている部分に白の綿のようなものが無数に付き始めました。
たぶんこれはフィカス属特有の白い樹液ではないかと思います。

そして約1ヶ月ぐらいこのまま置いていると、先日ついに根が生えてきました。

まずはその様子をご紹介します。

 

 

こちらが茎を折ってから水に入れ1ヶ月以上経過した2019年5月13日の様子です。

 

 

水に入れてすぐに白い綿とようなモケモケがたくさんついています。

白い樹液のようなものが水と合わさりこのような状態になったものだと思います。

 

 

そしてそのモケモケがから先日ついに白い根が出てきました。

 

そしてこちらが3日後の今日の様子です。

 

葉の枯れている部分はより広がりましたが、根が伸びていることがわかります。

 

 

ここまで根が生長したのであれば、今こそ土に植えるのがいいのではと考えました。

善は急げと思い早速作業をしました。

 

 

発根したウンベラータの茎を挿し木に

初根したウンベラータを植える(挿し木)するのはこの余っていた黒のプラスチックの鉢を使います。

 

 

傷をつけないようペットボトルから抜き出すのにかなり苦労しました。

そして抜き出したところで現状を撮影しておきました。

 

 

後は簡単です。

まずは底石を敷き軽く土を入れ、初根したウンベラータを植え、上から土を被せました。

 

 

このまま数日は日陰に置き様子を見守っていきます。

 

 

全ての葉をなくしたウンベラータですが、新たにUCHIの環境にあった新しい葉をつけ、元気な姿に戻ろうと頑張ってくれていると感じます。

このような状態は同じフィカス属のベンジャミンも全ての葉がなくなりましたが、今は元気な様子で過ごしています。

 

 

今はちょうどウンベラータは生育期ですので、水の量には気を付け、カーテン越しの日の当たる環境で管理して元の元気な姿に戻していこうと思います。

またUCHIのウンベラータと挿し木にしたウンベラータに変化の様子がありましたらご紹介いたします。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

37日後の様子をご紹介します。