葉の変色が目立つようになった冬のパキラ

こんにちは。

今回は、葉の変色が目立つようになった「パキラ」をご紹介します。

パキラは観葉植物の代名詞といっても過言ではない人気がある観葉植物です。
比較的丈夫で育てやすく耐陰性もあるので、インテリアの観葉植物としてもとても扱いやすい植物です。

しかしパキラは寒さは苦手のようです。
エアコンのある室内に置いているパキラですが、葉の変色が目立つようになってきました。

今回の目次

  • UCHIのパキラ
  • パキラの育て方
  • パキラの手入れ

 

UCHIのパキラ

パキラは300円ショップで購入し、2018年10月16日にご紹介しました。

 

多少環境の変化で葉の状態が悪くなったりしますが、これは時間とともに慣れてきます。

しかし寒さという問題は慣れるというものではなさそうです。
パキラは元々熱帯に生育する植物ですので、高温多湿な環境には強いようですが、寒さは苦手です。

たまたまキッチンが伸びるタイプ蛇口なので、しっかりほこりや汚れを落とし、病害虫の予防がてら強めにシャワー吐水で葉水すると、少し水圧が強いのが影響したのか変色していたパキラの葉は自然に落ちてました。

かなり傷んでます。

 

 

元気なパキラの葉はこのような感じです。

 

 

しかし寒さが影響しているのか、このように枯れ始めている葉が結構あります。

枯れる原因は、栄養不足のほか、日照不足や水分不足、エアコンの風が直接当たる場合や、病気(根腐れ)、害虫などの影響が考えられると思います。

 

 

しかしこのように新しい葉が出てきていますので、株自体は元気そうです。

 

ある程度このままにしておいても問題なく、今後自然に落ちると思いますが、せっかくの栄養が枯れ始めている葉にも使われるのもどうかと思います。
また風通しが悪いと害虫が発生する原因にもなります。

 

今回は思い切って傷んでいる葉を取り除き剪定したいと思います。
その前にパキラの育て方をまとめました。

 

パキラの育て方

パキラは高温多湿環境を好みます。

 

日当たり

パキラは強い日差しよりも遮光された日が当たる場所で、できれば風通しがよいほうが最適です。
耐陰性もあるので暗い場所でも育てることができますが、やはり株を元気に育てるには日当たりは欠かせません。

 

水やり

春から秋は土が乾いたらたっぷり水を与え、冬は乾かし気味にします。
パキラは多湿を好みますので、できれば毎日少なくとも2.3日に一度は葉水することが元気に育てるポイントです。

 

肥料

春から秋に緩効性肥料かけ月に一度または2ヶ月に一度与えるか、液肥を月に2度程度与えます。

 

冬越し

パキラは寒さが苦手で、5℃を以上の環境(室内)が無難です。
また水与え過ぎず乾かし気味にして、しっかり乾いてから控えめに与えるのがおすすめのようです。

 

パキラの手入れ

それでは早速傷んだ葉を茎ごと取り除いていきたいと思います。

作業前のパキラです。

 

 

このように変色したり枯れ始めている葉があるのもを茎ご取り除きました。
※作業後の感想ですが、これぐらいの変色ならそのままにして自然に落ちるまで待ってもよかったかなと思います。

 

作業するのに悩んだのは葉の形状に少し違和感のある茎です。

 

この様に透き通るようになってしまった葉の部分もあり、葉に張りがないもの

 

こちらも以前もご紹介しましたが、丸まった感じで張りがなく開かない葉のものです。
しかしこのような葉(茎)まで取ってしまうとかなりボリュームが落ちてしまいます。

 

悩んだ結果

 

 

新しい葉が出てきているので、養分を新し葉や茎の生長に使ってもらうために思い切って取り除きました。
作業後やはりかなりボリュームが落ちてしまいました・・・

今回は枯れかけた葉などを基本に取り除きしましたが、基本的にはあまりシビアに剪定しないほうがいいと思います。

多少枯れているぐらいの場合は、何か悪影響(風通しが悪かったり、他の元気な葉への日当たりの妨げになったり、あまりにもの見た目が悪い場合)がある場合は取り除いたほうがいいかと思いますが、多少枯れているぐらいならそのまま自然任せでもいいかと思います。

 

 

今回は思い切って作業しました。
日もよく当たり、風通しもよくなったと思いますので、このまま日当たりのよい場所で春まで過ごしたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子