根の状態が心配なポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータ

こんにちは。

今回は、根の状態が心配なポリシャス属の観葉植物「ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータ」の様子をご紹介します。

ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータは寒さが苦手なので、このまま冬越しさせようと考えていましたが、やはり以前もご紹介していたようにビニールポッドからはみ出ている根の状態が気になります。

順化の影響もあるかと思いますが少し葉が減った印象もあり、また根の状態も気になるので、ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータの植え替えの時季としては適期ではありませんが、思い切って大きめの鉢へ植え替えをしたので、その様子も併せてご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータ
  • ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータの植え替え
  • 植え替えたポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータ

 

UCHIのポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータ

UCHIのポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータはに特徴である丸形の葉の様子を併せご紹介しました。

 

このご紹介から約1ヶ月経ち、前回ごお伝えしたようにビニールポッドの底から出ている根の状態がきになって仕方がないです。

またポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータは屋外(軒下)に置いているのですが、順化の影響かもしくは気になっている根の状態が悪いのか葉が少し減ってしまいました。

そこで様子を見ると、このままではまずいなと思いますので空いているプラスチックの鉢があるので思い切って植え替えをしたいと思います。

 

その前にまずは現在のポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータの様子をご紹介します。

 

ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータは乾かした状態をいい感じに維持しながら管理できているので、基本的には元気に過ごしています。

しかし以前と比べ葉が減ってしまった印象があります。

 

 

前回のご紹介の時にもあった根元付近の葉は一枚を残し枯れてしまいました。

 

 

ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータはこの丸形の葉に白系(クリーム色系)の班が入った様子が特徴です。

 

 

葉が減ってしまったものの、その丸形の大きな葉に交じり元気な新しい葉も増えているので、まだ日中は暖かさもある今植え替えを作業するのがいいではと考えました。

 

そこで気になったいるはみ出た根の状態をご紹介して、思い切って植え替えをしたいと思います。

 

 

ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータの植え替え

ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータはこの開いていたプラスチックの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

 

そしてこちらが以前から気になっているビニールポッドからはみ出たポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータの根です。

根がこのように底の穴からはみ出ているということは、ビニールポッドの中では結構窮屈な状態になっているのではないかと考えています。

 

 

根がはみ出て簡単に抜き出せませんでしたので、ビニールポッドをハサミでカットしてポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータを取り出しました。

するとやはり底の方では根がところ狭しと詰まるような状態で生育には理想的とはいえない状態でした。

 

 

後は植え替えるだけですが、この機会に枯れた葉も取り除いておきました。

 

それでは植え替えたポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータをご紹介します。

 

 

植え替えたポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータ

こちらが植え替えたポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータです。

鉢の大きさとポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータのサイズがちょうどいい感じです。

 

 

生育環境も良くなったと思いますが、これからも多少は葉が減ってしまうと思いますが、極力現状を維持して冬越しできればと思います。

 

 

ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータを植え替えるには適期ではありませんが、根の状態からも気になっていたことを解決できたのでよかったと思います。

これからはあまり得意ではない冬を迎えますので、今度も乾かし気味の状態を維持して無事冬を乗り切りたいと思います。

 

また今後ポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータに変化の様子がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したポリシャス・バルフォリアナ・マルギナータの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。