折鶴の釣鐘型の華麗な花

こんにちは。

今回は、コチレドン属の多肉植物「折鶴」の華麗な花の様子をご紹介します。

折鶴の花はそのピンクとイエローの絶妙な色合い艶美で、カタチも存在感のある釣鐘型をしています。

今回はその華麗な花がつぼみから色づき、開き、しぼんでしまうまでの1週間の様子もご紹介したいと思います。

今回の目次

  • UCHIの折鶴
  • 折鶴の釣鐘型の花
  • 折鶴の花を取り除く

 

UCHIの折鶴

UCHIの折鶴(オリズル)は2019年2月17日にリメ鉢に植え替えた様子をご紹介しました。

 

 

そして2019年5月3日に花を付ける茎をのばして立派なつぼみの様子をご紹介しました。

 

 

こちらがそのつぼみの状態です。

 

このご紹介から約2週間経過した今とても華麗な釣鐘型の花を咲かせています。

とても鮮やかな色合いできれいな花ですので、折鶴の釣鐘型の花が咲くまでの様子をご紹介します。

 

 

折鶴の釣鐘型の花

2019年5月14日花はまだ開いていませんが、鮮やかな色が付き始めました。

 

 

この涙型のような状態でもきれいな様子です。

 

そして翌日には待望のきれいな釣鐘型の花を咲かせてくれました。

 

 

2019年5月15日に一つ目の折鶴の釣鐘型の花が咲きました。

 

 

つぼが開いて、とてもきれいな色合いをしています。
この釣鐘型がまたとても印象的で一度目にすると忘れられない華麗な花です。

 

 

下から覗き込んでみました。

ピンクとイエローのコントラストがとても鮮やかです。

 

 

そして3日後の2019年5月18日にまだ色づいていなかったつぼみにも絶妙な色が付き始めました。

 

 

そして2019年5月20日にはもうひとつの花が開きました。
しかしこの方向からでは確認しずらいので、反対側からご紹介します。

 

 

反対側からだときれいに開いたことが確認できます。
ただ気になることもあり、初めに咲いた花は少ししぼみ始めています。

 

 

そして2019年5月21日やっと全ての花が咲き揃いました。

 

 

これで三つの花は無事咲かせることができました。

 

 

しかし三つ(三輪)の花がきれいに同時に咲き並ぶことはありませんでした。

 

 

一番初めに咲いた花はもうかなりしぼんでしまっています。

しぼんでも色合いはきれいですが、このままにしておくわけもいかないので、UCHIでは咲いたら取るという予定どうり今後のためにも花を取り除こうと苦渋の決断しました。

 

 

折鶴の花を取り除く

とてもきれいでいつまでも見ていたい折鶴の釣鐘型の花ですが、取り除こうと思います。

 

茎の付け根から切断します。

しかし折鶴の花を付ける茎には葉がついています。
※この茎についているのは葉なのかははっきりわかりませんが、葉と仮定して考えて作業します。

 

 

一旦茎の付け根から切断しました。
さらに花の部分と葉の部分で分けて、葉と仮定している下の部分は挿し木(挿し穂)にしたいと思います。

 

 

茎が伸び始めている付け根から手で折るように切断しました。

 

 

花と葉の部分はさらに二つに分け、一日かけ断面を乾かしました。

これで挿し木(挿し穂)にします。

 

 

用意した黒のビニールポッドに挿し木(挿し穂)にしました。
後は日陰でしばらく様子を見守ります。

 

 

花の部分は水を入れた小瓶に入れて、枯れるまで置いておこうと思います。

 

 

花と長く伸びた茎を取り除いた折鶴はどこか寂しい雰囲気になってしまいましたが、これから生長してまた新たな違った姿をご紹介できると思います。

華麗な釣鐘型の花を見ることができたのはとてもよい経験になりました。
また秋もしくは来年同じように花を咲かせてもらえるように大切に管理したい思います。

今後この折鶴と挿し木にした折鶴に変化がありましたらその様子をご紹介します。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。