オブジェのような形状の折鶴

こんにちは。

今回は、コチレドン属の多肉植物「折鶴」をご紹介します。

折鶴(オリズル)はふっくらとした葉が細長く伸びた葉が特徴の多肉植物です。
色合いや、白い粉がかかったような特徴は同じコチレドン属の「福娘」と似ています。

今回の目次

  • 折鶴について
  • 折鶴の育て方
  • UCHIの折鶴

 

折鶴について

折鶴(オリズル)はコチレドン属の多肉植物で以前ご紹介をしました、福娘と葉の特徴とよく似て言います。

白っぽい粉をかぶっていて、薄い緑色でふっくらとした肉厚の葉という要素は共通していますが、「折鶴」の葉は細長く、葉の先がとがってようになっています。
しかし「福娘」の葉は全体に丸みがあるのが特徴です。

 

折鶴の情報を調べたのですが、悩ましい問題がでてきました。
それはかなり容姿が似ている白美人(ハウビジン)という品種が見つかったことです。

比較したのですが、どちらとも全く区別がつきませんのでした。
もしかすると、今回ご紹介しているのは「白美人」の可能性もあります。

 

この点はもう少し成長すれば判断ができるかもしれませんので予めご了承ください。
※今回は折鶴としてご紹介していますが、もし「白美人」だと断定した場合は訂正します。

今回は育て方として、コチレドン属全般の育て方をご紹介します。

 

折鶴(コチレドン属)の育て方

コチレドン属は日当たりを好みますが、夏の暑さと蒸れが苦手です。
基本的には乾かし気味で育てます。

 

日当たり

コチレドン属日当たりを好みますので、明るい室内またはカーテンなどで遮光された日当たりのある場所が適しています。
しかし夏はコチレドン属は蒸れが苦手ですので、風通しの良い場所がより必要になります。

 

水やり

水は控えめに管理し、基本的な多肉植物同様に春と秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですのでかなり控え乾かし気味にし、冬は時折湿らす程度に与えます。

 

冬越し

室内で冬を越すのが無難です。

 

増やし方

春か秋に挿し木か株分けで増やすことが出来ます。
コチレドン属は葉挿しが難しいようです。

 

UCHIの折鶴

UCHIの折鶴は現在6枚に葉があります。

ふっくらと厚みがあり、ボリューム感があります。

 

 

真ん中から新しい葉が出てきているのが伺えます。

 

 

持ち帰るときに白い粉が一部とれてしまっています。
多肉だけではなく植物は購入後、持ち帰るときはいつも気を使っていますが、何らかの問題を与えてしまいますので、工夫が必要だと感じています。

 

 

葉の先の赤くなった部分が上品で個性的です。

 

 

ベルのような花も早く見たいですが、このオブジェのような形状はインテリアにもよくマッチしますので、これから生長も含めて楽しませてくれそうな折鶴でした。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子