手に取るようにわかる折鶴の生長

こんにちは。

今回は、わずかひと月でみるみる生長したコチレドン属の多肉植物「折鶴」をご紹介します。

また、今回も折鶴をプラスチック系の鉢から制作した素焼きのリメ鉢へ植え替えましたのでその様子も合わせてご紹介したいと思います。

今回の目次

  • 折鶴の生長
  • 折鶴の植え替え
  • 植え替えた折鶴

 

折鶴の生長

人は勢いのあるものに惹きつけられると思います。
またその勢いが本物ならおなさらです。

UCHIの折鶴(オリズル)の生長の勢いは本物でした。
というのも初めてご紹介したときの2019年1月14日ではとても小さかった新しい葉ですが、

 

わずか約ひと月で新しい葉がここまで生長しました。

まだ白い粉のようにものに覆われていませんが、実感できる早さで伸びて大きく生長しました。

 

 

そして隅々までよく観察してみると、鉢の底から根がでていました。
もうここは時を待たずに植え替えしたいと思います。

 

折鶴の植え替え

植え替えの前に、いつものように軽く持ち上げると土ごと持ちあがりました。
これなら簡単にできると思い作業を開始しました。

今回はツートンに仕上げた素焼きのリメ鉢を使います。

 

早速この黒のプラスチック系の鉢から持ち上げてみると、持ち上げた直後は土ごと持ちあがりましたが、完全に取り出そうと持ち上げると土は崩れ落ちるように鉢へ落ちていきました。
この様子はさすがに撮影できませんでした。

すかさず用意していたリメ鉢へ移しました。
想定していた植え替えはできませんでしたが、先に少し土を敷いて鉢を準備していたことが功を奏し、ことは難なく済ます事ができました。

 

 

あとは丁寧に調節をして、土をかぶせる作業だけです。

 

植え替えた折鶴

それでは植え替えた折鶴をご紹介します。

 

 

真っ白にしたリメ鉢よりもこのツートンの感じが折鶴によく合っていると思います。

 

 

中央の新し二枚の葉の今後の生長が楽しみです。
白い斑点のようなものがありますが、これが白い粉のようなもので全体を覆うのでしょうか。

 

 

多肉植物を観察していると、このように新しい葉を生長させるために古い葉はどんどんシワシワになり最後は枯れてしまうのかと考えていました。

しかしより認識を深めるため、なぜシワシワの状態になるのかと本などで調べてみると、水不足が影響しているという情報がありした。

しかし品種にもよりますが、この時期(冬)はあまり水を与えると、根腐れの原因になると思います。
また春秋型の多肉植物は基本的には冬は休眠状態だと思いますのでなおさら水は控えています。

この時期にシワシワになるのは仕方がないことかと思いうのですが、水は控えていましたので今回軽く湿らす程度に水を与えました。

 

 

葉の先が赤く色づいているのが折鶴の特徴のひとつです。

 

 

植え替えたことで土の容量も多くなり、また鉢の縁も広がったので、より大きく生長しやすくなったと思います。
新しい葉の生長とシワシワの葉に状態もしっかり観察していきたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。