ピンクザラゴーサの植え替え

こんにちは。

今回は、約一週間前にご紹介したエケベリア属の多肉植物「ピンクザラゴーサ」の植え替えをした様子ご紹介します。

購入して間もないピンクザラゴーサですが、一部の葉の先端がプラスチックの鉢と干渉しています。
このままではこれから生長するにつれ、他の葉も鉢に干渉してしまい、生長の妨げになることや葉が枯れてしまう原因にもなります。

そこでプラスチック系の鉢より少し大きい素焼きの鉢に植え替えましたので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのピンクザラゴーサ
  • ピンクザラゴーサの植え替え
  • 植え替えたピンクザラゴーサ

 

UCHIのピンクザラゴーサについて

UCHIのピンクザラゴーサは少し前の2019年2月25日にご紹介しました。

 

ピンクザラゴーサは買って間もないのですが、葉の先がプラスチック系の鉢に干渉しています。
先日植え替えをした、デレンベルギーも同じように葉の先が干渉し少し葉の先が枯れていました。

 

まずは今の状況を写真でご紹介します。

 

購入後、約一週間程しか経過していませんので、初めてのご紹介から目立った変化はありません。
ピンクザラゴーサはやはりピンクに尖った先端が印象的です。

 

 

しかしこのようにピンクに尖った先端が鉢に干渉している葉があります。
ピンクザラゴーサはこれから生育期を迎えますので、今後の事も考え早めに少し大きな鉢に植え替えをしておきたいと思います。

それでは早速、ピンクザラゴーサの植え替えの作業をします。

 

ピンクザラゴーサの植え替え

まずは作業台に移しました。

 

 

ピンクザラゴーサをプラスチック系の鉢から土ごと抜き出しました。

 

 

この後、下の方の土は崩れてしまいましたが、トラブルもなく植え替えはスムーズ終えることができました。

 

植え替えたピンクザラゴーサ

それでは素焼きの鉢に植え替えたピンクザラゴーサをご紹介します。

 

ピンクザラゴーサの雰囲気と素焼きの鉢はいい感じにマッチしました。

 

 

ピンクザラゴーサの生長のスピードによってはすぐにまた干渉してしまうのかもわかりませんが、しばらくはこれでスペースに余裕ができました。
今回はこのタイミングでたっぷり水を与えました。

 

 

素焼きの鉢はこのように水を与えると、鉢の色が変化します。
これは鉢自体に吸水性があるからでしょうか。
この性質のおかげで土も早く乾き根腐れの予防にもなるのではないかと思います。

 

 

エケベリア属は春秋型タイプが多くこれからが生育期になる品種が多いです。
ピンクザラゴーサもこれから生育期を迎えますので、今回ゆとりのある鉢に植え替えましたのでしっかり日当たりを確保して少しでも大きく生長することを期待したいと思います。

 

 

次回は春頃にピンクザラゴーサの生長の様子お伝えしたいと考えています。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子