思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長した姫将軍

こんにちは。

今回は、思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長したアウストロキリンドロプンチア属のサボテン「姫将軍」の様子をご紹介します。

以前の様子からこれからお伝えするような姿へとなるような片鱗はあったものの、どちらかというと改善し始めていた特徴のトゲが四方八方へと伸びて、ツンツンとした様子へと生長するものだと思っていました。

しかしUCHIの姫将軍はそういった生長をすることはなく、わき芽といった表現が正しいのかわかりませんが、トゲではなく、そのわき芽が生長して、思い描いた姿とは違った迫力を感じるようになりました。

そこでそろそろ新しい土へ入れ替えをしたい時期でもありますので、その作業の様子と併せ、これまでより迫力が増した、現在の姫将軍の様子をご紹介したいと思います。

今回の目次

  • UCHIの姫将軍
  • 姫将軍の土の入れ替え
  • 思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長した姫将軍と子株

 

UCHIの姫将軍

UCHIの姫将軍は2020年10月15日に、徐々に細かった先が膨らみだした様子をご紹介しました。

 

その後は、その膨らみだした先端がそれほど膨らみ続けた印象はありませんが、以前からご紹介している、トゲではないわき芽のようなものが増え、そして生長して、思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長を遂げています。

 

また今も植えている素焼きの鉢へ植え替えてから2年以上が経過しているので、そろそろ土の入れ替えもしたいと考えています。

そこでその迫力の要因であるわき芽の様子や、もう一つの要因をご紹介してから土の入れ替え作業を始めたいと思います。

 

 

まずこちらが特徴のトゲではないわき芽が増え、そしてそのわき芽が生長して、思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長したUCHIの姫将軍の一部の様子です。

前回のご紹介時に出てきていたトゲが四方八方へと生えて、購入時のような姿で迫力が増すものだと思っていましたが、このような様子でそれとは違った迫力になりました。

 

 

そしてもうひとつの迫力の要因が、こちらのような茎の膨らみです。

以前の倍以上の太さへと膨らんで、存在感が増しました。

そしてその茎の部分にもトゲではなく、わき芽がたくさん伸びています。

 

 

このようにおそらく順調に生長して過ごしている姫将軍も、この鉢に植え替えてから2年以上が経っていて、その感に赤玉土を足してはいますが、そろそろ新しい土へ交換する必要があります。

 

 

それはこのように足した表面の赤玉土を取り除くと、その下の土がかなり固まっていて、こういった様子から水はけにも問題がありそうだからです。

そこで2年以上使っていて、このような状態だということもあり、土の入れ替えをしたいと思います。

 

 

姫将軍の土の入れ替え

早速土の入れ替えのために、素焼きの鉢から姫将軍を抜き出しました。

またこちらが鉢から抜き出していますが、現在のUCHIの姫将軍の全体的な様子です。

 

 

そしてこちらが鉢から抜き出した姫将軍の根鉢の様子です。

固まった土の側面にまで根が見て取れるまでに生長しています。

 

 

その根鉢を崩して古い土をほぐしながら取り除き、土を新しい土へと入れ替える準備を進めました。

そしてご覧いただいているような状態にして、新しい土を使って姫将軍を植え直しました。

 

それでは改めて、思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長した姫将軍をご紹介します。

 

 

思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長した姫将軍と子株

こちらが思い描いていた姿とは違った迫力ある姿へと生長した、UCHIの姫将軍の様子です。

わき芽はトゲとは違って太さがあり、より存在感があるので、このような迫力のある姿へと生長しています。

 

 

そしてこちらがこれまで細さや歪な形状になっていたことを気にしていた、UCHIの姫将軍の先端の様子です。

歪な形状だといったことは感じることはなく、太さも多少は膨らんで太くなりましたが、もうそういったことは周りのわき芽に埋もれてあまり気にならなくなったように思えます。

 

またこのようなわき芽をカットして挿し木にした子株も元気に過ごしていますので、その姫将軍の子株の様子もご紹介したいと思います。

 

 

こちらがUCHIの姫将軍の子株の現在の様子です。

前回のご紹介から約10ヶ月が経っているので、もっと生長していても良さげですが、まだこのような小さな株です。

 

 

しかしこちらの子株の方が購入時の姫将軍のような姿へ近づいていて、できることならこの株はツンツンしたトゲを維持したまま育てたいと思います。

 

 

UCHIの姫将軍は、思い描いていたツンツンとしたトゲが印象的な姿とは違った、別の迫力ある姿へと生長しましたが、その先端にはまたトゲのようなものも生えてきているので、今後またより迫力を増した姿へと変化するのではないかといった期待があります。

 

また土も入れ替え、生育環境が改善できたと思いますので、そういった効果が秋の間に表れれば、その時の子株の様子と併せご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介した姫将軍の基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去の姫将軍の様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

ご紹介している植物やブログについてのご意見・ご感想・改善点・レイアウト、または品種名の間違いなどを「Contact ページ」」からメッセージをいただければ、今後のブログの改善や記事の追加(入手可能な品種の場合)の参考にさせていただきたいと思いますので、ご協力をお願いします。