びっしり生えたトリコームがきれいなチランジア・ハリシー

こんにちは。

今回は、100円ショップで購入したエアプランツ「チランジア・ハリシー」をご紹介します。

ハリシーはトリコームがびっしり生えたエアプランツで、銀葉種らしく全体が白っぽく、とてもきれいな色合いをしたエアプランツです。
またハリシーは育てやすく、ホームセンターや100円ショップでも購入できるので、入手しやすく初心者の方にもおすすめの品種です。

今回の目次

  • チランジア・ハリシーについて
  • チランジア・ハリシーの育て方
  • UCHIのチランジア・ハリシー

 

チランジア・ハリシーについて

チランジア・ハリシーはびっしり生えたトリコームが特徴で、とても色合いがきれいなエアプランツです。

ホームセンターや100円ショップで購入できるので、比較的に入手しやすいこともあり、エアプランツ入門としてもおすすめ品種のようです。

 

しかしハリシーの取り扱いにはちょっとした注意も必要で、それはハリシーの葉は硬さがあり、先がとがっているので、少し葉先が折れやすいということです。

こういったことはエアプランツも植物なので乱暴に扱うことはないと思いますので、必要以上に気にすることではありませんが、一応ハリシーの特徴として頭の片隅に置いておくのもいいと思います。

 

またハリシーは銀葉種で乾燥に強く、暑さに強い方なので、基本的には育てやすい品種のようですが、生長は遅いようです。

 

それではそんなチランジア・ハリシーの育て方をご紹介します。

 

 

チランジア・ハリシーの育て方

直射日光は避ける必要がありますが、暑さや乾燥に比較的強く、風通しのよい場所が最適です。

 

日当たり

レースカーテンなどで遮光された日差しが当たり、風通しのよい場所が最適です。

強い日差しや直射日光は避けるようにします。

 

水やり

乾燥には比較的強いようで、少なめの水で育てることが出来るようですが、ハリシーが水分を好むという情報もあります。

 

冬越し

冬は室内で10℃以上の風通しの良い場所で冬越しするのが無難です。

 

それではUCHIのハリシーをご紹介します。

 

 

UCHIのチランジア・ハリシー

こちらがUCHIのハリシーの様子です。

100円ショップで販売されていた1番小さなものを購入しました。

 

 

ハリシーは色合いがとてもきれいです。

 

 

葉は結構硬さがあり、根元や外側にはトリコームがしっかり生えた品種が多いですが、ハリシーは葉の内側の先までトリコームがびっしり生えています。

 

 

こちらは外側の様子ですが、少しトリコームがはげたような部分がありますが、全体的にびっしりとトリコームで覆分かれていることがお分かりいただけると思います。

 

 

UCHIのハリシーは1番小さなもの(株)を購入したので、大きくするには時間はかかると思いますが、他のエアプランツ同様に生長することでの変化の様子を楽しみに育てたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

203日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

ご紹介している植物やこのブログについて、ご意見、ご感想、改善点やレイアウト、品種名の間違いなど、何かお気付きのことがあれば、Contact ページからメッセージをいただければ、記事の修正や追加、今後のブログの改善の参考にさせていただきます。

チランジア・ハリシーの育て方をご紹介します。

ウチデグリーン ノート

ブログでご紹介している植物の基本的な育て方をご紹介した「UCHI de GREEN note」もぜひご覧ください。

※名前のわからない多肉植物や観葉植物を調べる時に「UCHI de GREEN note」なら、160種の植物写真から目的の植物を探すことができ、その植物のこれまでの様子(失敗も)をご覧いただけます。