名は体を表すカプトメドゥーサエ

こんにちは。

今回は、UCHIのエアプランツ「カプトメドゥーサエ」をご紹介します。
カプトメドゥーサエは人気のエアプランツで、小さいものなら100均でも購入できます。

風通しと水やりさえ気を付ければ、育てやすいとエアプランツだと思います。

今回の目次

  • カプトメドゥーサエについて
  • カプトメドゥーサエの育て方
  • UCHIのカプトメドゥーサエ

 

カプトメドゥーサエについて

チランジア・カプトメデューサはうねるような葉が特徴のエアプランツです。

小さなカプトメデューサは100均などでも購入でき、育てやすいと思いますのでエアプランツの入門としてもおすすです。
実際にUCHIも100均で購入しました。

しかしあくまでも小さなもので、ある程度育てられたカプトメデューサは、ホームセンターや園芸店では3000円以上、大きなものは5000円以上の価格をゆうに超えています。

 

エアプランツは大まかに銀葉種緑葉種に分かれ、カプトメデューサは銀葉種に区別されます。
銀葉種は基本的には乾燥に強いものが多いとされています。
因みに簡単な区別方法は、トリコームの量が多いか少ないかで区別されるようです。

 

少し前にご紹介しました、チランジア・ウスネオイデスも銀葉種に分類されます。

 

カプトメドゥーサエの育て方

エアプランツ全般ですが、とにかく風通しの良い場所を好みます。

 

日当たり

室内では日当たりのよく、風通しのよい場所が最適です。
注意点として、強い日差しや、直射日光はさけ遮光された日差しが好ましいです。

 

水やり

基本的には霧吹きで水分を与えます。
気温が10℃以上の季節は2日に一度ぐらいのミスティング、10℃以下週に一度ぐらいのミスティングで与えます。

 

冬越し

冬は室内の日当たりのある場所で管理し、室内でも10℃以下になる場合は注意が必要です。

 

UCHIのカプトメドゥーサエ

UCHIのチランジア・カプトメドゥーサエです。
冒頭でもお伝えしたように、2018年の10月の中旬頃に100円ショップで購入しました。

 

今の時期(冬)でも2日に一度ミスティングしていましたが、育て方を調べてわかったのですが、10℃以下なら週1回ぐらいでいいようです。ただ室内なので10℃以下にはならず、2日に一度でも今は問題なさそうですが・・・与え過ぎの可能性もあります。

 

 

名は体を表すということわざがあるように、カプトメデューサエ ということから、アニメなどで描かれるメデューサのヘアスタイルのようなうねりのある葉が魅力です。

 

 

銀葉種に区別されることがよくわかるように、銀色(白色)のトリコームが目視でもよく見えます。(※写真はマクロレンズで撮影しています。)

 

 

短い根が一本生えています。

 

 

エアプランツは成長がゆっくりのものが多いようですが、ゆっくり時間をかけてカプトメドゥーサエを大きくしたいと思います。

カプトメドゥーサエだけではなく、他のエアプランツも含めて成長の様子もお伝えしていきたいと考えています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。