つるが伸び過ぎたポトスの手入れと水挿し

こんにちは。

今回は、”管理しやすい観葉植物”の中でも1、2を争うといっても過言ではない、エピプレムヌム属の観葉植物「ポトス」のその後の様子と、そのポトスのつるが伸び過ぎてしまいましたのでお手入れをした様子をご紹介します。

ポトスはほんとに強靭な観葉植物でとても育てやすいのですが、その反面すぐにつるが伸びるので飾っているとバランスが悪くなりやすいと感じています。

伸びたつるはカットして調節してあげればいいのですが、この機会にカットしたつるを水挿しにして育ててみたいと考え、今回はカットしたつるを水挿しにすることにチャレンジたのでその様子も併せてご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのポトス
  • ポトスの水挿し
  • 水挿しにしたアイビーの様子
  • お手入れをしたポトス

 

UCHIのポトス

UCHIのポトスは去年の年末の2018年12月31日に元気に育つ様子と、ポトスに空気の清浄効果があることをご紹介しました。

 

このご紹介から約3ヶ月半が経過し、以前よりつるを伸ばしさらに勢いを増して生長を続けています。

それではまず勢いよく生長を続けるポトスの現在の様子をご紹介します。

 

わずかな期間でUCHIのポトスはかなりつるを伸ばしました。

ほんとにポトスは強く元気のある観葉植物でほとんどトラブルもありません。

 

 

置き場所としては明るい室内に置いています。

 

 

冒頭でもご紹介したように、今回はこの伸びたつるをカットして水挿しにしたいと考えています。

それでは早速作業を始めます。

 

 

ポトスの水挿し

ポトスはつるが伸びてくると、ピンクの丸の部分のような気根が目立つようになります。

この部分より根元より(上)でカットして水挿しにしようと思います。

 

 

今回はハサミを使わず手でカットしました。

理由は清潔なハサミなら問題はないですが、やはり切り口に雑菌などが付着すると病気の原因になるのでできればリスクを避けたいと考えたからです。

またポトスのつるは手でも簡単に切ることができるので、今回は手で作業をしました。

 

 

この写真のようにポトスは種類によりますが、きれいな班があります。

しかしこのきれいな班は長い間日に当てず育てていると、班がなくなる場合おあるようです。

 

 

ポトスの水挿しにはこのIKEAで購入した花瓶を使いたいと思います。

 

 

花瓶に挿しやすいように、ピンクの部分の茎をカットして調節します。

 

 

これでポトスの水挿しは完了です。

作業はとても簡単で、ポトスはとても強く育てやすいので、2,3日(できれば毎日)に一度の水の入れ替えだけでまたしっかりとした根が生え育てることができると思います。

 

また同じ強い観葉植物のアイビーも同じように水挿しにしていますので、今回はその様子もご紹介します。

 

 

水挿しにしたアイビーの様子

アイビーは2019年3月26日に水挿しにしました。

 

まずは水挿しにしてから約3週経過した状態をご紹介します。

 

さすが強靭なアイビー。

このような状態でも上の方で新しい葉を付けました。

 

 

そして写真のように根もしっかり発根しています。

水は清潔に保つために2、3日に一度は交換するようにしていました。

 

 

そしてこちらが新しい葉です。

色こそまだまだ初々しい淡い色合いをしていますが、大きさはなかなかしっかりとしたサイズの大きさまで生長しています。

 

このように順調に生長するアイビーはもうすぐ土に植えようと考えています。

ポトスもこのようにすぐに根を出すと思いますので、またその様子もご紹介したいと思います。

 

それではお手入れを終えたUCHIのポトスをご紹介します。

 

 

お手入れをしたポトス

伸びたつるを大胆にカットをしスッキリとしたUCHIのポトス。

 

 

ポトスはこれからが本格的な生育期ですので、カットしたつるもすぐにまた伸びると予想しています。

 

これからもポトスは窓際に置いてしっかり日を当て、また今後新たな生長した姿をご紹介できればと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

109日後の様子をご紹介します。