丈夫過ぎる金のなる木(ポルツラケア)

こんにちは。

今回は、一年中屋外に置いている「金のなる木」をご紹介したいと思います。
この金のなる木は夏も冬も屋外でトラブルなく本当によく育ってくれています。

日本では「金のなる木」と呼ばれてれ周知されていますが、正式には”クラッスラ・ポルツラケア”といい園芸名でカゲツとも呼ばれています。

今回はそのクラッスラ・ポルツラケアの育て方やご紹介をしたいと思います。
ですが今回は、日本では金のなる木としての呼び方の方がなじみがあるかと思いますので、金のなる木とさせて頂きます。

今回の目次

  • 金のなる木について
  • 金のなる木の育て方
  • UCHIの金のなる木

 

金のなる木について

金のなる木は正式には、クラッスラ・ポルツラケアという名称で、和名ではフチベニベンケイとされています。

クラッスラ・ポルツラケアという名称からわかるように、多肉植物のクラッスラ属の一種です。

少し前にご紹介させていただきました、青鎖竜(セイサリュウ)などと同じクラッスラです。

クラッスラ属ということは多肉植物なので、乾燥を好みますので、水の与え過ぎないように育てます。

ポルツラケアですが、なぜ「金のなる木」と呼ばれるのか調べてみると、簡単な説明になりますが、新芽が小さいうちに5円玉を通しておき、そのまま少し大きくなるまで育て、枝に5円玉が実ったようなイメージに仕立てて「金のなる木」として売り出れたことで、金のなる木と認知された説や、葉の形が小判に似ているという説があるようです。

 

そんな金のなる木ですが、UCHIではとにかく丈夫な多肉植物だと感じています。
それは一年中屋外に置いていても、元気に育っているからです。

しかしよい機会ですので、育て方はしっかり把握している方がいいと思いますので育て方を調べておきたいと思います。

 

金のなる木の育て方

日当たりを好み、多湿が苦手のようです。
基本的には育てやすく、あまり水を必要としないで、乾燥を好み根腐れ防止のためにも水は控えめにして育てます。
また、少し寒さにも耐えれるようですが、冬の霜がとっても苦手のようです。

 

日当たり

日当たりを好み、日当たりの確保してあげることで株を元気に育ちます。
できれば乾燥を好むので風通しのよい場所がおすすめです。

UCHIの金のなる木は年中屋外で育ててます。
直射日光も当たっていますが、今まで特に問題なく育っていますが、やはり葉焼けの原因にもなる可能性もありますので、気を付ける必要があると思います。

冬は霜に注意し、できれば室内の日当たりのある場所で管理する方が無難かと思います。

 

水やり

乾燥を好むので年中水は控えめにして育てます。
水の与えすぎは根腐れの原因になります。

 

増やし方

挿し木で増やします。

 

UCHIの金のなる木

UCHIの金のなる木はとても丈夫です。
これが金のなる木の一番の印象になります。

 

育て方とは矛盾している点もありますが、年中屋外に置いています。
直射日光が強い春から夏も、梅雨どきも屋外で雨ざらしです。

冬も屋外でそのままですが大きなトラブルに見舞われたことはありません。
※これは地理的な条件もあるかと思いますので、一概にはこの方法おすすめできません。

 

 

街中でもよく屋外にそのまま置かれた金のなる木を見ます。
そんなことからとても丈夫で、育てやすいと感じています。

 

 

葉はしっかりとした硬さと肉厚(弾力)があります。
この葉と茎にしっかり水をため込むようです。

 

 

根元はしっかりと太く育っています。
脇から枝が伸び、葉が生えの下の方から根が生えてきています。
部分はカットして植えることで比較的簡単に増やせられます。

 

 

きれいな新葉が出てきています。
この新葉に五円玉を通しておき、すこし成長して抜けないようできるのかと思い、試してみましたが、ここまで成長していると5円玉はとおりませんでした。
もっと小さい葉の状態から準備しておかないと、5円玉を通すのは難しいと思います。

 

 

UCHIには何本か金のなる木がありますが、この金のなる木は円柱型の鉢に植えています。

 

 

バランス的な好みがあると思いますが、このような盆栽風のイメージで観賞用の多肉植物として飾れるかと思います。

 

金のなる木は花が咲くようですのでまたその頃お伝えしたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。