金のなる木(ポルツラケア)の簡単なお手入れと挿し木

こんにちは。

今回は、丈夫なクラッスラ属の多肉植物「ポルツラケア」こと金のなる木のその後の様子をご紹介します。

金のなる木は葉を増やし元気に過ごしています。
紹介後の移動の際、うっかりとわき芽を折ってしまいましたがそのわき芽(茎)から根が生えてきましたので、これを機に挿し木にしたいと思います。

今回の目次

  • UCHIの金のなる木
  • 金のなる木の挿し木
  • 金のなる木のお手入れ

 

UCHIの金のなる木

UCHIの金のなる木(ポルツラケア)は2018年12月21日に丈夫な様子をご紹介しました。

 

金のなる木はクラスッラ属のポルツラケアと名称の立派な多肉植物で、和名もフチベニベンケイやカゲツとしても知られていますが、やはり「金のなる木」としての方が周知されていますので、金のなる木としてご紹介します。

 

金のなる木は種類により春秋型と夏型などがあるようですが、UCHIの金のなる木はちょうど今新し葉が増えて生長しているので、春秋型の品種ではないかと思います。

春秋型として考えるならちょうど生育期を迎え、以前より少し葉も増えていますので、その様子をご紹介したいと思います。

 

日陰気味の場所に置いて育てていますが、大きなトラブルなく元気新しい葉を増やして過ごしています。

 

 

以前はまだ小さかったわき芽も生長を実感できる大きさになりました。

 

 

新芽としてご紹介していた新しい葉もまだまだ淡い色合いながらも大きく育ち、葉先がわずかに赤く色づいています。

 

 

金のなる木の強さの秘訣でしょうか、茎が太くしっかりしています。
まだ若い茎は緑系の色をしていますが、しっかり生長すると、茶系に変わってきます。

この太く、弾力のある茎にもしっかりと水をため込むので、あまり水を与え過ぎないよう管理するのも金のなる木をうまく育てるポイントではないかと考えています。

 

しかし些細な部分ですが気になる症状があります。
今回はその部分に手を加えたいと考えています。

その前に前回ご紹介したときにあったわき芽を移動させるときに折ってしまいました。
もちろん処分せず、挿し木にできるのではないかと思い保管していると、その茎から根が出てきましたので、これを機に土に植えたいと思います。

 

金のなる木の挿し木

こちらが折ってしまい挿し木用になったわき芽です。
わかりにくいですが、この白っぽい半透明のものが生えてきた根です。

挿し木にしますので、枯れた茎の部分は取り除きます。

 

しかし、ここで想定外の失敗をしてしまいました。

 

 

枯れた茎を取り除こうとしたとき、挿し木そのものが二つに折れてしまいました。

しかしよく見ると幸いなことに、二つに分かれたのですが、どちらも根が生えています。

 

これならこの二つを土に植えればいいと思いますので、二つを挿し木にします。

 

 

作業は簡単で、余っているプラスチックの鉢へ二つを挿し木にしました。
1週間ぐらいこのまま日陰に置いてから水を与えようと思います。

 

金のなる木のお手入れ

今回のお手入れは無理にする必要がないと思うような些細な傷や枯れた部分を取り除く作業です。

 

このように何らかの影響で枯れてしまっている部分

 

 

葉についた傷が変色して枯れてしまっているような葉などを今後のために生育期の今取り除いておこうと思います。

 

それでは金のなる木の簡単なお手入れを始めます。

 

 

金のなる木は葉も肉厚で丈夫なので、折るように取りました。
中途半端な部分で折れたりしましたが、残った部分も慎重に作業して取り除きました。

 

 

金のなる木の葉はピンクの丸の部分ような葉に膨らみができる症状がよくおきます。
原因はわかりませんが、このような葉も取り除きました。

 

これで簡単なお手入れは完了しました。

 

 

こちらが簡単なお手入れを終えた金のなる木です。
違いが全然分からないと思いますが、わずかですが今後のトラブル種は取り除きましたので、ゆっくり育てていきたいと思います。

また挿し木にした金のなる木も含めて変化がありましたらその様子をご紹介したいと考えています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。