順調な生長をしていたはずのトップスプレンダー

おはようございます。

今回は、エケベリア属の多肉植物「トップスプレンダー」のその後の様子をご紹介します。

トップスプレンダーはこれまでトラブルなく窓際で順調に生長をしていたのですが、最近は下葉が外側へ長く伸びてどうやらこの様子は徒長をしているようです。

しかしトップスプレンダーは元気な様子で、これから夏を迎えることもあり簡単なお手入れもしたので、葉の状態と併せその様子をご紹介します。

※トップスプレンダーは「トプシーターヴィー」や「トプシータービー」とも呼ばれていますが、今後はトップスプレンダーで統一します。

今回の目次

  • UCHIのトップスプレンダー
  • トップスプレンダーのお手入れ
  • お手入れをしたトップスプレンダー

 

UCHIのトップスプレンダー

UCHIのトップスプレンダーはに、リメ鉢に植え替えた様子をご紹介しました。

 

このご紹介から約5ヶ月程が経ち、これまで順調に生長していたトップスプレンダーですが、最近では下葉が伸びてしまいました。

育て始めた頃はそれが生長だと考えていましたが、おそらくこの状態は徒長しているのだと思います。

 

まずは現在のトップスプレンダーの様子をご紹介します。

 

 

こちらがUCHIのトップスプレンダーの様子です。

明らかに以前と比べ、トップスプレンダーは大きく生長しています。

 

 

またトップスプレンダーはとても元気そうで、葉の色合いも緑が濃くなり、小さかった中央の葉も大きくなり、その葉の先はほのかにピンクがかった様子があります。

 

 

窓際の日当たりのよい場所に置いて順調な生長をしていたはずなのですが、この角度から見ると下葉が長くなりいわゆる徒長をしていることがわかります。

またトップスプレンダーは徒長しても茎はあまり伸びないようで、今は下葉が取れた部分だけ茎が目視できるだけです。

 

しかしこのトップスプレンダーの状態には対応のしようがないので、今回はこれから夏を越すのに枯れた葉などを取り除き簡単なお手入れをしておきたいと思います。

 

 

トップスプレンダーのお手入れ

トップスプレンダーのお手入れとしては数枚枯れた葉があるので、まずはその枯れた葉を取り除きます。

 

軽く手で引っ張るだけで簡単に取り除くことができます。

 

 

次にこの表面の土を取り除き、赤玉土や鹿沼土を上から足します。

 

 

あとは葉にシワが入り始めたので、今回は久々にたっぷり水を与えようと思います。

 

それではお手入れを終えたトップスプレンダーをご紹介します。

 

 

お手入れをしたトップスプレンダー

簡単な作業でしたが、多少トップスプレンダーの生育環境は良くなったと思います。

 

 

大きく生長して色づいたトップスプレンダーの葉は個性的なカタチをしていてなかなかかわいいです。

 

 

UCHIのトップスプレンダーは下葉が伸びてしまいましたが、株としては元気な様子なので、今後もこれまでの方法で育てていくつもりです。

 

夏はトップスプレンダーも水を控えめにして管理する必要があるので、うまく夏を乗り切り秋頃にトップスプレンダーの変化の様子をご紹介できればと思います。

そしてトップスプレンダーはまだ増やすことに挑戦していませんので、秋に葉挿しで増やしてみたいと考えています。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

132日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。