グリーンネックレスとルビーネックレスを壁掛けに

おはようございます。

今回は、100均グッズを使って、茎が伸びた「グリーンネックレス」と「ルビーネックレス」を壁掛けにしたので、その様子をご紹介します。

先日立ち寄った100円ショップで、植物を壁掛けにできそうなアイテムを見つけ、同じものを3個購入してきました。

そのうちの2個を使って茎が垂れ下がる特徴がある多肉植物を、以前からやってみたかった壁掛けにしましたので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • グリーンネックレスとルビーネックレスについて
  • 壁掛け用のアイテム
  • 壁掛けにしたグリーンネックレスとルビーネックレス

 

グリーンネックレスとルビーネックレスについて

今回は壁掛けにしたことをお伝えしたいので、それぞれの植物の状態のご紹介は簡単にさせていただきます。

 

壁掛けにするグリーンネックレスは

 

 

グリーンネックレスは順調に茎を伸ばし、生長を感じることができます。

 

そしてルビーネックレスは

 

 

ルビーネックレスは夏型なので、現在はあまり変化がありませんが、これから変化が現れるのではないかと思います。

この二つの多肉植物は100円ショップの素焼きの鉢で作った、同じ無機質風のデザインの鉢に植え替え育てています。

 

しかし以前から考えていた、グリーンネックレスとルビーネックレスの特徴でもある、長く伸びる茎を垂らす飾り方にしたいと思います。

そこで今回は100円ショップのアイテムを使って、壁掛けにしたいと思います。

 

 

壁掛け用のアイテム

壁掛けにはこの100円ショップのアイテムを使いたいと思います。

ピッタリ素焼きの鉢が入ればいいのですが、サイズの計算もせず思いついたままの行動なので、先行きが心配です。

 

 

やり方は簡単で、準備はグリーンネックレスとルビーネックレスをこの中に入れ壁に掛けるだけです。

 

 

グリーンネックレスとルビーネックレスを壁掛けにする場所は、流木を吊り下げました。

 

そしてその流木にエアプランツのチランジア・ウスネオイデスを吊り下げたました。

 

ワークスペースの手前に張った板(1×4)に掛けたいと思います。

それでは壁掛けにしたグリーンネックレスとルビーネックレスをご紹介します。

 

 

壁掛けにしたグリーンネックレスとルビーネックレス

少し掛ける部分を広げて、グリーンネックレスとルビーネックレスを、うまく掛けることができました。

 

 

残念ながら鉢のリメイクした意味が薄れました。

また鉢のサイズと間口のサイズが合わず、鉢が底にまで付きませんでしたが、取り合えず手を加えずとも、ある程度入れることができました。

 

 

ジャストサイズではないものの、以前から考えていたグリーンネックレスとルビーネックレスを壁掛けにできたので、それなりに満足です。

特にグリーンネックレスの伸びた茎がいい感じの雰囲気です。

 

また今後自己流でこのワークスペースをDIYで手を加えていこうと考えていますので、その様子もご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。