順調に回復していたアスパラガス・ナナス(ナヌス)の急変

こんにちは。

今回は、順調に回復していたアスパラガス属の観葉植物「アスパラガス・ナナス」(ナヌス)が急変したのでその様子をご紹介します。

UCHIのアスパラガス・ナナスは植え替え後、時季的な影響もあって順調に改善していて、とても期待が持てる様子で過ごしていました。

しかしそんなアスパラガス・ナナスの状態が突如急変してしまいましたので、その様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのアスパラガス・ナナス
  • アスパラガス・ナナスの変化の様子
  • 悲傷のアスパラガス・ナナス

 

UCHIのアスパラガス・ナナス

UCHIのアスパラガス・ナナスは2020年6月12日に、状態を改善しきれなかったので、生育環境改善のため植え替えをした様子をご紹介しました。

 

その後アスパラガス・ナナスは植え替えたことと、時季的な影響もあってか順調に回復し、このまま育てられれば今頃には以前のような姿にまで改善できるのではないかと考え、とても楽しみにしていました。

 

しかしその様子が突如急変してしまいました。

 

まずはアスパラガス・ナナスが回復しつつある様子から、その様子が一変するまでの変化の様子をご紹介したいと思います。

 

 

アスパラガス・ナナスの変化の様子

こちらが植え替えをして約1ヶ月半程が経過した2020年7月25日のアスパラガス・ナナスの様子です。

葉が増え、密度も増し、青々とした以前のような姿へと戻りつつある様子がうかがえます。

 

 

また最上部には茎が伸び、その先に葉も付け、益々これからの生長に期待が持てる様子が感じられます。

 

 

またこのように下の方にも枝分かれして伸びている様子もあり、植え替えは成功したと言えそうです。

そしてこの後も順調に過ごしていて、ハッキリと覚えているのですが2020年8月5日にいつものように水をたっぷりと与えました。

 

 

するとその2日後の朝に、これまでの順調な改善している姿から考えられない姿へと急変していました。

 

 

こちらがその状態が急変した2020年8月7日のアスパラガス・ナナスの様子です。

見るからに葉の色合いに異変が生じていることがおわかりいただけると思います。

 

 

こちらがより近くで撮影した、状態が急変したアスパラガス・ナナスの葉の様子です。

ここまで順調に改善していたのに、さすがにこの一変した様子には言葉がありません。

 

 

期待していたピンクの円で囲った最上部の茎や葉も、また以前の悪化し始めた頃の色合いになっています。

 

 

そしてこちらが2020年8月15日のアスパラガス・ナナスの葉の様子です。

 

 

また以前の状態が悪化した時のような姿へと逆戻りです。

 

しかし諦めたくないので、水を与えタイミングなので水を与え、新たな茎などのが伸びることに期待したいと思います。

 

 

悲傷のアスパラガス・ナナス

そしてこちらが今朝のアスパラガス・ナナスの様子です。

いいようのない悲傷な姿のままです。

 

 

おそらくもうわき芽が伸びたりすることはなさそうです。

 

 

そのように判断したのはこの茎の様子からで、以前葉が枯れた時は、茎はこのような色合いでなく、今は茎も残念ながら枯れたような色合いの茶系へと変化しているからです。

 

 

そして葉が付いているやや下辺りの茎に触れてみると弾力がなく、この写真のように簡単に折れてしまいました。

おそらくUCHIのアスパラガス・ナナスは枯れてしまったのだと思います。

 

何故このようにことになったのか原因がわかりません。

 

アスパラガス・ナナスは順調に回復していたのに、このような姿にしてしまい本当に悔しいです。

しばらくこのまま様子を見て、新たな茎が伸びてくることを期待したいと思いますが、さすがにこの様子から今回は難しいと思います。

 

今回ご紹介したアスパラガス・ナナスの基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去のアスパラガス・ナナスの様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。