新葉が開き茎が伸びたシルバーメタルの植え替え

おはようございます。

今回は、新葉が開き茎が伸びたフィロデンドロン属の観葉植物「シルバーメタル」の植え替えをした様子をご紹介します。

シルバーメタルは前回、筒状の新葉が数枚あることをご紹介しましたが、その新葉は全てが開き、茎も伸び、生育が盛んになっている様子がひしひしと感じられます。

本来は生育期の前に植え替えをするのが最適ですが、シルバーメタルも今後のより良い生育のために、ビニールポッドより大きめの鉢へ植え替えをしたいと思いますので、その植え替えの様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのシルバーメタル
  • シルバーメタルの水挿し
  • シルバーメタルの植え替え
  • 植え替えたシルバーメタル

 

UCHIのシルバーメタル

UCHIのシルバーメタルは2020年5月29日に、特有の銀色がかった緑葉の様子を交え、始めてのご紹介をしました。

 

そしてこのご紹介から2週間程が経ち、前回お伝えしたシルバーメタルの筒状だった新葉は全て開き、茎もグイっと伸び、変化している様子がひしひしと感じられます。

そんな生育盛んなシルバーメタルは、購入時のビニールポッドに植えたままなので、今後のより良い生育のために大きめの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

それでは植え替えをする前に、まずは現在のシルバーメタルの様子をご紹介します。

 

 

こちらが新葉が開き茎が伸びた、UCHIのシルバーメタルの現在の様子です。

今回は前回と違うプラスチックの鉢に入れて印象を変えて撮影してみました。

 

 

筒状だった複数の新葉が全て開いたことも印象的ですが、今回はそれよりこのように茎がグイっと伸びたことが、より見た目に印象深い変化だと思います。

 

 

そしてそのシルバーメタルの開いた新葉の先端をよく観察すると、このようにさらに新芽が出てきている様子がうかがえます。

このように生育が盛んなシルバーメタルも、まだ購入時のビニールポッドのままなので、今後の生育のために、やや大きめの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

その前にこの生育が盛んな今、シルバーメタルも増やすことにチャレンジしたいと思います。

そこでこの伸びた茎は気根付近でカットして、水挿しにしたいと思います。

 

それでは植え替え前に、茎をカットして水挿しする作業をしたいと思います。

 

 

シルバーメタルの水挿し

先ほどご紹介したグイっと伸びた茎には、ピンクの円で囲っているように立派な気根が伸びています。

この下辺りでカットして、水挿しにすれば比較的簡単に発根して、シルバーメタルを増やすことができると思います。

 

 

早速気根の下辺りでカットしました。

シルバーメタルの茎は意外に硬く、手で思うように折れず、ハサミを使って切り取りました。

 

 

気根は前回ご紹介した時より伸びていて、この様子からこの部分を水につければすぐに発根すると思います。

 

 

このように水を入れた小瓶に、カットしたシルバーメタルを入れて発根を待ちたいと思います。

 

それでは次にシルバーメタルの植え替えをします。

 

 

シルバーメタルの植え替え

シルバーメタルはこの100円ショップの、水受けが一体化した、白のプラスチックの鉢を使いたいと思います。

しかしこの鉢を先日100円ショップに購入しに行くと、在庫がなく、同じ系列の別の店舗にも足を延ばしましたが、やはり在庫がありませんでした。

 

ひょっとするとこの鉢の販売は終わってしまった可能性があります。

そこで、この鉢へ植えていた観葉植物をさらに大きな鉢へ植え替え、この鉢をシルバーメタルに使いたいと思います。

 

 

次に植え替えるためシルバーメタルをビニールポッドから抜き出しました。

 

 

この根の様子から、大きめの鉢へ植え替えるとさらに活発な生育が期待できそうです。

 

残りの作業は簡単ですので、根が乾かない間に、素早く植え替えを済ませました。

それでは植え替えたシルバーメタルをご紹介します。

 

 

植え替えたシルバーメタル

こちらが植え替えをし、たっぷり葉水をしてホコリやヨゴレを洗い流した、UCHIのシルバーメタルです。

今はやや鉢の方が存在感の強い仕上がりになっていますが、おそらく今季の生育期の間で、その印象は逆転すると思います。

 

また植え替えをしてから気が付いたのですが、なぜ水受けの穴が空いている方を正目として植え替えたのかと思い始めました。

これは過去に同じ鉢に植え替えた植物にもいえることですが、この穴を裏側へ向けたほうが、むしろ鉢としてスッキリとした印象にできたのではないかと思います。

しかしもう作業を終えてしまいましたので、今後は日が当たる向きなどの調節で、逆から見てもいい感じに見えるように株姿を変えていきたいと思います。

 

 

水挿しにしたシルバーメタルもおそらくすぐに発根すると思いますが、暑くなると水の劣化が早いので、遅くても2日に1度、できれば毎日水を入れ替え、清潔な環境を維持して、発根した様子をご紹介したいと考えています。

 

 

そしてこちらが葉水をして水が乾いた、きれいになったシルバーメタルの葉です。

シルバーメタルという名にふさわしい、ほんのり銀色がかった緑葉は、無二の魅力があります。

 

 

植え替えをしてより活発な生育が期待できるUCHIのシルバーメタル。

8月頃にはより良い姿へ変化した様子が期待できると思いますので、今後は液体肥料を与え、しっかりと強い株へ育てたいと思います。

 

また水挿しにしたシルバーメタルもありますので、遅くても8月中旬頃までに、より良い姿へと変化したシルバーメタルの様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

82日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。