特有の銀色がかった緑葉を持つシルバーメタル

こんにちは。

今回は、特有の銀色がかった緑葉を持つフィロデンドロン属の観葉植物「シルバーメタル」の様子をご紹介します。

フィロデンドロン属も個性的な葉を持つ品種が多い印象ですが、シルバーメタルは名前からもわかるようにメタリック系の銀色がかった緑葉が特徴です。

また葉の手触り感もややしっとりとした独特の感触があり、耐陰性が強いので日陰や明るい室内で育てられるので、UCHIでも育ててみたいと思い購入しましたのでご紹介します。

今回の目次

  • シルバーメタルについて
  • シルバーメタルの育て方
  • UCHIのシルバーメタル

 

シルバーメタルについて

シルバーメタルはフィロデンドロン属の観葉植物で、冒頭でもお伝えしたようにメタリック系の銀色がかった緑葉が特徴です。

 

 

こちらがそのシルバーメタルの葉で、ほんのり銀色がかかったといった様子がお分かりいただけると思います。

またこの葉の手触り感にも特徴があり、ややしっとりとした感触があります。

 

そんなシルバーメタルは丈夫で、耐陰性も強いので、室内の明るい場所などで育てることができ、飾り方もハンキングしたり、タワー仕立てにすることもできるようですので、工夫次第ではおしゃれなインテリアグリーンとして楽しめそうな予感がします。

 

またシルバーメタルは多湿を好むようですので、葉水などで水分を補うことで、元気に育てられるようです。

そしてシルバーメタルもカイガラムシが発生しやすいようですので、こういった観点からも葉水はおすすめといえます。

 

それでは基本的なシルバーメタルの育て方をご紹介します。

 

 

シルバーメタルの育て方

多湿を好み、耐陰性があるので、室内の明るい場所などで育てられます。

 

日当たり

基本的には室内の遮光された日の当たる場所や、明るい場所が最適のようです。

強めの日差しには注意が必要で、やはり風通しの良い場所がおすすめです。

 

水やり

春から秋は土が乾いたらタップリと水を与え、冬は乾かし気味に管理します。

また多湿を好むので、こまめな葉水で水分を補うことで元気に育てられます。

 

より詳しいシルバーメタルの育て方はこちらでご紹介します。

 

それではUCHIのシルバーメタルをご紹介します。

 

 

UCHIのシルバーメタル

こちらがUCHIのシルバーメタルです。

株としてはとても小さく、撮影のため白のプラスチックの鉢に入れていますが、中身はビニールポッドのままです。

 

 

先ほどもご紹介しましたが、シルバーメタルはこのほんのりと銀色がかった緑葉がおしゃれで個性的です。

 

 

そんなシルバーメタルは5月(春)ぐらいから9月中(秋)ぐらいが生育期で、UCHIのシルバーメタルにもその様子として、このようなまだ筒状の新葉が数枚あります。

 

 

またこのような気根が伸びた茎もありますので、この気根より下辺りでカットして挿し木で増やすこともできます。

おそらくUCHIでは水挿しにすると思いますが、今回はご紹介だけにしておきます。

 

 

そしてシルバーメタルは耐陰性が強いので、室内の明るい場所で育てられるので、アレンジ次第でオシャレなインテリアグリーンとして活躍してくれそうです。

しかし風通しはなるべく良い場所を選ぶのが無難のようです。

 

 

シルバーメタルは、この特徴的な銀色がかった葉の魅力を生かすには、鉢が重要なポイントになります。

また今は生育期なので、植え替えには適期といえますが、購入して間もないので、まずはUCHIの環境に慣れてもらうため、もうしばらくはこのまま様子を見たいと考えています。

 

しかしなるべく早く植え替えをしたいと考えていますので、またシルバーメタルの植え替えをする際は、その様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

19日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければ、このブログをシェアして頂けると幸いです。