そう遠くないチタノプシス・カルカレア(天女)の開花

おはようございます。

今回は、つい最近購入した多肉植物のチタノプシス属「チタノプシス・カルカレア」の花がもうすぐ開花しそうなので、その様子をご紹介したいと思います。

今回の目次

  • チタノプシス・カルカレアについて
  • チタノプシス・カルカレアの育て方
  • UCHIのチタノプシス・カルカレア

 

チタノプシス・カルカレアについて

チタノプシス・カルカレアは別名 天女とも呼ばれ、多肉植物のチタノプシス属の一種です。

 

 

チタノプシス・カルカレアの特徴はやはり独特の雰囲気の葉です。

全体的に硬さもある肉厚な葉で、その先端の凹凸が独特の質感です。

すこし苦手と感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、この個性的でインパクトのある葉は魅力です。

 

チタノプシス属はメセンの仲間ように扱われていて、以前ご紹介しました「リトープス属」を日本では「メセン」と呼ぶようです。

 

 

そんなチタノプシス・カルカレアですが、一部の情報では運が良ければ100均でも売られている場合があるようです。

※とても小さな株のようです。

 

カルカレアは春ぐらいに小さなマーガレットのような花が咲くという情報があるのですが、UCHIのカルカレアは今(冬)にも開花しそうです。

 

まずはチタノプシス・カルカレアの育て方をご紹介します。

 

 

カルカレアの育て方

日当たりがよく風通しの良い場所を好むようですが、高温多湿が苦手のようです。
やはり多肉植物ですので、水の与え過ぎには注意が必要です。

 

日当たり

年中日当たりのよく、風通しのよい場所を好みます。

ただし直射日光では強すぎるのでレースカーテンなど少し遮光された光が最適です。

カルカレアは寒さにもある程度強いようですが、冬は室内で管理するのが無難だと思います。

 

水やり

春と秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですので乾かし気味にし、冬は時折湿らす程度に与えます。

 

冬越し

寒さには強く、室内で管理しているなら気温0℃ぐらいまでなら耐えれるということです。

 

 

UCHIのチタノプシス・カルカレア

UCHIのチタノプシス・カルカレアはもうすぐ花が開花しそうな様子です。

 

 

まだつぼみような状態から少しだけ開いた状態のものもあります。

 

 

そしてこちらが開花まじかのものです。

黄色の花が咲くことがすぐにわかります。

 

 

この様子からチタノプシス・カルカレアの開花はそう遠くなさそうです。

これからより一層寒くなりますが、チタノプシス・カルカレアは寒さにはある程度強いようですので室内なら比較的安心して冬が越せそうです。

 

またチタノプシス・カルカレアに変化の様子があれば、その様子をご紹介します。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

14日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。