初めてのリトープス (日輪玉) 

こんにちは。

先日初めてリトープスを買いました。品種は「日輪玉」(ニチリンギョク)という品種だと思います。

初めてのリトープスには寿麗玉(ジュレイギョク)がおすすめと聞いたことがあのですが、勢いで行ったため、そんなことも忘れて日輪玉を購入しました。

今回の目次

  • リトープスについて
  • 日輪玉について
  • 日輪玉を植え替えようかどうか

 

リトープスのについて

初めてリトープスを購入したので、まずは特徴や育て方を調べました。

リトープスは「生ける宝石」と呼ばれ、様々な色合いの種類があります。

リトープスは脱皮を繰り返すことによって成長します。

この辺りは以前ご紹介しました、コノフィツム

と同じようです。

 

蒸れに弱いので、多湿にならないよう風通しの良い場所での管理を心掛け、

特に夏の管理には注意しなければいけないようで、必要であれば扇風機などで風を送るのもよいとされているようです。

 

必要ならば夏にはソーラータイプの送風機などで対応したいと思います。

 

水やりは、10月から11月は土の表面が乾いたらタップ水を与えるようにし、2月から4月は脱皮が始まるので、控え気味にして与えようにするのがいいようです。

気温が上がる6月から9月は断水し時より霧吹きで軽く土を湿らすのがポイントのようです。

 

増やし方は株分けがおすすめのようですが、UCHIでは自信がないのでしばらくは出来ないと思いました。

 

日輪玉について

日輪玉(ニチリンギョク)

日輪玉

日輪玉の置き場所は日当たりを好むようですので、室内の日当たりの少し良い場所で育てたいと思います。

リトープスは冬型で寒さに強いので、日輪玉にも寒さ対策は必要なさそうです。

 

人によっては苦手かもしれませんが・・・この独特な雰囲気が好きです。

日輪玉も花が咲くようですが、この日輪玉にはその気配はありません。

まだ早いのでしょうか??また来年にでも見せてくれればいいです。

 

一転気になる部分が・・・

買ったままの鉢なので、もう少しおしゃれにしたいと思っています。

 

日輪玉を植え替えようかどうか

鉢を変えようかどうか悩んでいます。

調べてみると、10月から11月中が植え替えも適時なので、やるなら今しかないと思うのですが、経験もないので少し慎重です。

 

今回は鉢カバーで少し工夫し来年までやめておこうかと思い悩んでいます。

ただ、この元々のプラスチックのものは角ばったデザインのものなので、丸形のものではスベースができてしまいますので悩みます。

 

吹っ切れたら作業しますが、今のところ鉢カバーでしのごうかと思っています。

まだ鉢カバーは購入していませんので、購入したらTwitterなどでご報告したいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。