穏やかな生長をしたパキラの植え替え

こんにちは。

今回は、夏から秋の間に穏やかな生長をしたパキラ属の観葉植物「パキラ・グラブラ」の植え替えの様子をご紹介します。

パキラは春から秋の間に活発に生長する観葉植物ですが、これまで育てていたパキラの生長の様子から、ご紹介する100円ショップで購入したパキラはまだ株が小さなことから葉が小さいこともあって、見た目からは活発に生長したというよりは、やや落ち着いたような穏やかな生長をしたと感じています。

しかし今後寒くなるので冬越しのために、今から他の部屋より気温が安定するリビングに移したいと思いますが、今はビニールポッドに植えていてプラスチックの鉢に入れていますが、それではやや物足りなさを感じます。

そこで時季的に適期とはいえませんが空いている鉢があり、今植えているビニールポッドからその鉢へ植え替えをしたいと思いますので、その植え替えの様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのパキラ
  • パキラの植え替え
  • 植え替えをしたパキラ

 

UCHIのパキラ

UCHIのパキラは2020年6月23日に、思い切った決断をしたパキラと、もうひとつのパキラをご紹介しました。

 

しかし思い切った決断をしたパキラはこの後残念ながら根付くことがなく、夏に枯れてしまいました。

 

落下させたことが今でも悔やまれます。

 

そしてもうひとつのパキラとしてご紹介していた100円ショップで購入したパキラは、冒頭でもお伝えしているように夏から秋の間にそれなりに生長したのだと思いますが、これまで育ててご紹介してきているパキラと比べると、株が小さいので、葉も小さく、茎も四方八方に伸びるような目を見張るような変化はしていません。

しかしだからといって生長して変化している姿がないわけでなく、葉も増え、数枚の葉の茎もこぢんまりとですが伸びて、活発に生長したというよりは株なりにこぢんまりと落ち着いた変化なので、穏やかな生長をしたといった印象です。

 

またこれから寒くなるのでリビングで冬越しをしたいと思いますが、今はビニールポッドに植えていてそれをプラスチックの鉢に入れているだけなので、リビングに置くには物足りなさを感じます。

そこで今空いている鉢があるので、植え替えの適期とはいえませんが、その鉢に植え替え少しでも見栄えをよくしてリビングで冬越しをしたいと思います。

 

それではその作業を始める前に、夏前に100円ショップで購入したパキラが約5ヶ月でどのような変化をしたのかご紹介して、植え替えをしたいと思います。

 

 

こちらが夏前に100円ショップで購入したUCHIのパキラの様子です。

夏(正確には夏直前)から秋の間で以前と比べ葉が大きくなり、新たな葉も増え、それなりに生長していることはお分かりいただけると思います。

 

 

ですが1番大きな葉でもまだこのサイズです。

しかし株が小さいことは室内で育てるにはメリットもあり、持ち運びがしやすいのでこまめに裏表まで葉水しやすく先端付近まで綺麗な状態を保てています。

 

 

そしてもうそろそろ生長が鈍りだしてもいい頃ですが、このようにこれから大きく開こうかといった新葉の姿もあり穏やかな生長はまだ続きそうな様子です。

 

 

そしてパキラは見るたびにこの幹が伸びて大きくなっているような気がしますが、おそらく今はまだそれほど変化していないと思います。

そして今植えているのはビニールポッドなので、これを白のプラスチックの鉢に入れて置いていますが、やはりそれではリビングに置くには物足りません。

 

そこで空いている鉢があるので、時季的にあまりいいとはいえませんが、リビングで冬越ししたいので少しでも見栄えをよくするため植え替えをしたいと思います。

 

 

パキラの植え替え

UCHIのパキラは以前ペペロミア・カペラータを植えていたこの鉢に植え替えたいと思います。

因みにペペロミア・カペラータが枯れた原因については、読者のみなさまにアンケートをさせていただき、見た目やそのアンケート結果から、おそらく水の与え過ぎによる根腐れで枯れてしまったのだと思います。

※アンケートにご協力いただきありがとうございました。

 

それでは改めてパキラの植え替えを進めます。

 

 

まずこのようにビニールポッドからパキラを抜き出しました。

土ごとごっそりと抜き出せると考えていましたが、思いのほか根が張っていないのであまり土に絡みついた様子がなく、抜き出してみるとこのように何もせずとも少し土が絡みついただけの状態で抜き出せました。

 

 

次にこの機会に新しい土で植えたいので、なるべく古い土を振るい落とすと、根は購入した時より伸びたり増えているものの、考えていたよりかなり根が弱々し印象です。

 

 

そしてこのように新しい土で植えましたが、リビングに置くには土が丸見えでこのままではいい感じとはいえません。

 

 

そこでモンステラに使っているココヤシファイバーを少し拝借し、これで表面の土が見えないようにマルチングして植え替えは完了です。

 

それでは植え替え後は水を与えず、葉水だけして一日置いたパキラをご紹介します。

 

 

植え替えをしたパキラ

こちらが植え替えをしたUCHIのパキラの様子です。

株の大きさと、鉢の大きさとのバランス感がよく、いい感じに仕上がりました。

 

 

またマルチングしたことで、よりいい雰囲気を演出してくれているのではないかと思います。

 

 

これは撮影後の様子で、あと2日ほどはこのように葉水だけでパキラの様子を見守りたいと考えています。

 

 

穏やかな生長をしたパキラの植え替えは適期とはいえずやや負担をかけてしまいましたが、これでリビングの片隅に置いていてもさまになるのではないかと思います。

しばらくはリビングの明るい場所に置いて様子を見て、また機会を見て窓から日が差す場所へ移したいと考えています。

 

これからは寒くなるんで、水は控えめにして根腐れだけには気を付け冬越しをするようにして、また春辺りにその時のパキラの様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したパキラの基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去のパキラの様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。