クレイニア・ネリイフォリア (モンキーツリー)の植え替え

こんにちは。

今回は、「茎に触ると幸福が訪れる」といわれている人気の多肉植物、モンキーツリーこと「クレイニア・ネリイフォリア」の植え替えの様子をご紹介します。

クレイニア・ネリイフォリアの植え替えは、無難に春に行おうと考えていました。

しかし早く植え替えたいという気持ちがあり、今なら大丈夫だと判断し、用意してある鉢へクレイニア・ネリイフォリアの植え替えをしたいと思います。

今回の目次

  • クレイニア・ネリイフォリアについて
  • クレイニア・ネリイフォリアの植え替え
  • 植え替えたクレイニア・ネリイフォリア

 

クレイニア・ネリイフォリアについて

クレイニア・ネリイフォリア は2018年12月18日に、葉や茎の様子を交え初めてのご紹介をしました。

 

このご紹介から約2ヶ月が経ち、他の多肉植物とは違い、購入時と何ら変わらず過ごしています。

そこでリビングに置いていて、少しずつ暖かくなりつつあるので、クレイニア・ネリイフォリアを用意していた素焼きの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

まずはその前に、現在の様子をご紹介します。

 

 

生長が鈍くなる時季ですので、購入時とほぼ変わらない姿を維持しています。

また寒さが苦手という情報もあり、心配をしていましたが、室内管理で水を控るようにしていたので、今はトラブルはなく過ごしてくれています。

 

 

よく観察すると、このように枯れた葉もあります。

この程度のことは仕方がないことだと思います。

 

 

クレイニア・ネリイフォリアは、この茎の部分に触れると幸福が訪れると言われています。

気が付いたときに触れるようにしていますが、まだ幸福が訪れたような感じはありません。

 

 

変色もなく、クレイニア・ネリイフォリアの特徴の葉の裏もきれいな紫系の色を保っています。

主観ですが、クレイニア・ネリイフォリアの状態はよいと思いますので、植え替え作業をしたいと思います。

 

 

クレイニア・ネリイフォリアの植え替え

早速植え替え作業を始めました。

そしてプラスチック系の鉢から株を抜き出すため持ち上げると、想定していたことと違うことがありました。

それは表面(上の方)だけ小粒系の土(赤土や軽石)が使われていて、表面以外は一般的な土(観葉植物用の土)でした。

 

 

全体的に小粒系の土や軽石などを使っているものだと勝手に勘違いしていました。

 

今回は予定を変更して植え替えというより、無難に鉢の入れ替えのような作業に留めることにしました。

もちろんその作業なら、簡単に済ませられます。

 

それでは植え替えたというより入れ替えた、クレイニア・ネリイフォリアをご紹介したいと思います。

 

 

植え替えたクレイニア・ネリイフォリア

クレイニア・ネリイフォリアの植え替えはいい感じに仕上がりました。

素焼きの鉢なので、プラスチック系の鉢より通気性もよくなり、水はけも少しよくなると考えています。

 

 

今回は用意した小粒系の土を上から足しました。

少し入れ過ぎたかもしれません。

 

 

植え替えた位置が、中央より、かなりずれてしまいました。

これは確認と経験不足です。

 

 

全体的にはいい感じになったのでしばらくはこのまま室内で育てていきます。

 

 

今まで水は控えめにしていましたので、植え替えを期に少し多めの水を与えました。

 

これから暖かくなるにつれ、生長していくことが予想できるクレイニア・ネリイフォリアは、今後どういった生長をするのか楽しみにしたいと思います。

 

またクレイニア・ネリイフォリアの生長の様子も、引き続きご紹介していきたいと考えています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

80日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければ、このブログをシェアして頂けると幸いです。