葉先が枯れだしたクレイニア・ネリイフォリア

こんにちは。

今回は、多くの葉の先が枯れだし始めたセネシオ属の多肉植物「クレイニア・ネリイフォリア」別名モンキーツリーの様子をご紹介します。

以前まで名称を「セネシオ・クレイニア」と属名を含めた名称でご紹介していましたが、今回から「クレイニア・ネリイフォリア」と正式な品種名でご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのクレイニア・ネリイフォリア
  • クレイニア・ネリイフォリアのお手入れ
  • お手入れをしたクレイニア・ネリイフォリア

 

UCHIのクレイニア・ネリイフォリア

UCHIのクレイニア・ネリイフォリアは2019年2月23日に植え替えの様子をご紹介しました。

 

 

植え替え後一ヶ月半ぐらいは特に変わった様子もなく元気に過ごしていましたが、4月の中旬ぐらいから数枚の下葉が枯れ始めて縮れていることに気がつきました。

 

クレイニア・ネリイフォリアは春と秋が生育期の春秋型の多肉植物なので、水が不足しているのだろうと安易に考え、水を与える回数を増やしたことで余計に葉の状態が悪化しました。

まずは現在のクレイニア・ネリイフォリアの様子をご紹介します。

 

注視しなくともすぐに葉先が痛んでことがわかるクレイニア・ネリイフォリア。

 

 

このように葉が変色して状態が悪い葉が増えてしまいました。

 

 

下葉が枯れて縮れ落ちてしまっています。

 

 

根元付近の茎も少し湿っていて、目を凝らすと白いカビのようなものも見えています。

これはまずいです。

水を与え過ぎて多湿な状況にしてしまった可能性があります。

水はけのよい土や素焼きの鉢であっても水を与え過ぎては意味がありません。

 

 

しかし、上の方の葉はまだ元気な様子で上向きにピンと葉に張りもあるので完全に根腐れして絶望的ではありません。

 

まず出来ることとして、土の水分を強制的にでも風を当て乾かします。

そして意味があるかは微妙かもしれませんが、枯れた葉など簡単に取り除ける葉などは取り除き、少しだけでもより良い環境にしてあげたいと簡単なお手入れしたいと思います。

 

クレイニア・ネリイフォリアのお手入れ

あまり無理することはないと思いますので、完全に枯れた葉だけを取り除きたいと思います。

 

 

簡単な作業だけですが、このような葉を取り除きました。

あまり大胆に葉は取り除かず、後は茎のカビのようなものを除去して、時間をかけて日の当たらない場所で土を乾かすだけにしておきます。

 

お手入れをしたクレイニア・ネリイフォリア

数時間送風機で土に風を送り、夜間少し窓を空け窓際で乾かした翌朝のクレイニア・ネリイフォリアです。

もちろんこんな短期間で状態はよくなることはありません。

 

 

しかし土はしっかり乾き、カビのようなものは柔らかい筆で取り除きましたので、根元付近の環境はかなり整えれたと思います。

湿った状態で日に当てると蒸れますので、根腐れしやすい状況になると考えていますので、この状態で柔らか日差しが当たる場所でしばらく様子を見守っていきます。

 

またクレイニア・ネリイフォリアは春と秋に水を多めに与え育てるようにしますが、今回のことから水を与える量より間隔を他の春秋型の多肉植物より長めにとるようにしたほうがいいのではと感じました。

 

 

「茎に触ると幸福が訪れる」といわれているクレイニア・ネリイフォリアはこの茎にも水分を蓄えているので、あまり水を頻繁に与えず、より乾かし気味に管理するように心がけるようにします。

 

今回クレイニア・ネリイフォリアの状態は水を与え過ぎて根腐れしているのか、または生理現象なのかははっきりとわかりませんが、今後状態が悪化したらその状況をお伝えしますが、このまま問題がなければ初夏にクレイニア・ネリイフォリアの様子をお伝えしたいと考えています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。