目覚ましい生長を遂げているパキラ

こんにちは。

今回は、目覚ましい生長を遂げているパキラ属の観葉植物「パキラ・グラブラ」の様子をご紹介します。

UCHIのパキラは10日前にご紹介したばかりで、その時は古い葉を全て失い、寂しい姿でしたが、その時にご紹介した新しい葉が大きく開き、見違える姿へと生長を遂げました。

まだまだ回復の一環ではありますが、わずかな期間でかなり変化した、パキラの現在の様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのパキラ
  • 目覚ましい生長を遂げているパキラ

 

UCHIのパキラ

UCHIのパキラは2019年4月15日に、古い葉がすべてなくなり、寂しい状態になったことをお伝えしました。

 

しかしこのご紹介では、悲観的な要素だけではなく、新しい葉がある程度生長している様子もご紹介しました。

このご紹介からまだ10日しか経過していませんが、パキラは目覚ましい生長を遂げています。

 

本来ならもう少し生長してからご紹介したかったのですが、パキラの葉が落ちてしまい不安になられてる方も多いようなので、一例として参考になればと思い現在の状態をご紹介しようと思います。

 

それではパキラの現在の様子をご紹介します。

 

 

目覚ましい生長を遂げているパキラ

こちらが目覚ましい生長を遂げている最中のパキラです。

 

 

葉が長く伸びて、大きく開いたことがわかります。

わずか10日でここまで変化するとは思いもしませんでした。

 

 

こちらが前回ご紹介したときに、1番大き(長)かった葉の様子です。

葉の幅こそありませんが、かなり長く伸びて大きく開きました。

 

 

こちらの葉は、前回1番早く開くのではと、予想していた葉の様子です。

まだピンと開いてはいませんが、こちらも大きく開き今後の変化が楽しみです。

 

 

そしてこちらが前回ご紹介時は、かなり小さな状態だった葉です。

この小さかった葉も、わずか10日でここまで生長し、立派に開きました。

 

 

新しい葉は、以前同様に葉先まできれいな状態です。

新しい葉でも、日に当て過ぎたり、水が不足すると先だけ枯れたりもします。

 

 

根元付近ですが、今はすこし土が湿った状態です。

水を与え過ぎて多湿になり、土や幹にカビが生えないよう注意が必要です。

 

 

うまく育てられれば、まだまだ新しい葉をつけるのではないかと思います。

 

 

パキラの新しい葉は、艶やかでとても光沢があります。

しかし生長してより大きくなると、この光沢は消えます。

これはパキラだけでなく、多くの植物でみられる現象です。

 

 

UCHIの環境に適した葉が元気に開き始めたパキラ。

まだまだこれから新たな姿に変化して生長すると思います。

 

UCHIのパキラは300円ショップで購入して初めてご紹介した時とかなり違う姿になりました。

しかし、これからはより生育が活発になる生育期ということもあり、これからますますUCHIの環境にあった生長をすると思いますので、またその変化の様子を6月ぐらいにご紹介したいと考えています。

 

もし育てているパキラの葉が落ち全て葉がなくなったとしても、根腐れでなければパキラは強い観葉植物なので再生は可能です。

諦めずに適度に水を与え、ゆっくり育ててあげることによって、環境に適した葉をつけ元気な姿に戻ると思いますので、同じような状態なら今回のご紹介が、葉がすべて落ちてからの回復した一例としてご参考になれば幸いです。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

44日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければ、このブログをシェアして頂けると幸いです。