茎が長いのに葉が少ないミロッティー

こんにちは。

今回は、UCHIのカランコエ属の多肉植物「ミロッティー」をご紹介します。

UCHIのミロッティーは一般的に園芸店などで販売されているミロッティーよりかなり葉の量が少ないです。

置き場所を変えてからは少し改善しているのですが、あまり元気とはいえませんが現在の様子も併せてミロッティーをご紹介します。

今回の目次

  • ミロッティーについて
  • ミロッティーの育て方
  • UCHIのミロッティー

 

ミロッティーについて

ミロッティーは先端がギザギザになった葉が特徴のカランコエ属の多肉植物です。

100円ショップやホームセンターなどでも売られているので、比較的に手に入れやすく、どんどんと葉を付けて生長していくので育てやすい多肉植物です。

 

またフェルトのような質感の葉もミロッティーの特徴的な要素ですが、水を与える場合あまり水が葉にかからないよう与えるように注意が必要です。

 

カランコエ属は基本的には日当たりを好み、生育期はたっぷり水を与えるように育てるようですが、多湿を嫌うため風通しが重要になります。

また水の与えすぎによる根腐れにも注意が必要です。

 

それではまずは基本的なミロッティーの育て方をご紹介します。

 

 

ミロッティーの育て方

寒さに弱いので冬の管理に気を付け、日当たりを考えた置き場所がおすすめになります。

 

日当たり

ミロッティーは、日当たりのよい室内で風通しがよい場所を好みます。

屋外で育てる場合は、春から秋は風通しのよい日なたなでも育てられるようですが、寒さに弱いので冬は室内管理に移すのがいいようです。

 

水やり

夏と冬は乾かし気味にして、夏は高温、多湿が苦手ですので、風通しの具合の考慮も必要かと思います。

春と秋は生育期なので、土が乾いたらたっぷりと与えます。

 

より詳しいミロッティーの育て方はこちらでご紹介しています。

 

それではUCHIのミロッティーをご紹介します。

 

 

UCHIのミロッティー

葉が少ないミロッティー

ミロッティーの現状ですが、茎が伸びて、葉の枚数が少なく、そして葉がとても小さいです。

 

本来ならならばもっと葉が付いていてもいいのですが、このような状態になった原因として、置き場所が屋外で日当たりが悪い場所だったことと、少し水分も多かったのが悪かったのかと思います。

 

 

ミロッティー新しい葉

しかし室内に移してからは、下のほうから新しい葉が出てきました。

ですがいたるところから根が生えてきています。

 

 

茎の下の方にも長く根が伸びています。

 

 

茎の上の方にも根が生えどんどんと伸びています。

 

上の方は、カットして植えてあげたほうがいいのかと思っているのですが、作業するか悩んでいます。

まだ決断はしていませんので、もしミロッティーをカットして植え替える場合はまたご報告します。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子

40日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。