茎が長いのに葉が少ないミロッティー

こんにちは。

今回は、UCHIの「ミロッティー」ですが、一般的に販売されているミロッティーより葉の量が少ないです。置き場所を変えてからは少し改善しているのですが・・・

今回の目次

  • ミロッティーについて
  • ミロッティーの育て方
  • UCHIのミロッティー

 

ミロッティーについて

ミロッティーは先端がギザギザになった葉が特徴のカランコエ属の多肉植物です。

100円ショップやホームセンターなどでも売られているので、比較的に手に入れやすく、どんどんと葉を付けて成長していくので育てやすい多肉植物です。

カランコエ属は基本的には日当たりを好み、生育期はたっぷり水を与えるように育てるようですが、多湿を嫌うため、風通しが重要になります。

以前ご紹介しました、

月兎耳も同じカランコエ属ですので、育て方としては似ていると思います。

またフェルトのような葉の質感も似ています。

 

ミロッティーの育て方

寒さに弱いので冬の管理に気を付け、日当たりを考えた置き場所がおすすめになります。

 

日当たり

ミロッティーは、日当たりのよい室内で風通しがよい場所を好みます。

屋外で育てる場合は、春から秋は風通しのよい日なたなでも育てられるようですが、寒さに弱いので冬は室内管理に移すのがいいようです。

 

水やり

夏と冬は乾かし気味にして、夏は高温、多湿が苦手ですので、風通しの具合の考慮も必要かと思います。

春と秋は生育期なので、土が乾いたらたっぷりと与えます。

 

UCHIのミロッティー

ミロッティーの現状ですが、茎が伸びて、葉の枚数が少なく、そして葉が小さいです。

本来ならならば、もっと葉が付いていてもいいのですが、何かこころ当たりがあるとすれば、

春から秋までは屋外に置いていたのですが、日陰気味になり日当たりが悪かったのが原因かと思います。また少し水分も多かったのかと気がかりです。

葉が少ないミロッティー

茎が伸び、それに応じて葉が増えてくるはずですが、また茎も茶系になっています。

室内に移してからは、下のほうから新しい葉が出てきました。

ミロッティー新しい葉

しかしこのミロッティーですが、いたるところから根が生えてきています。

茎の下の方にも長く根が伸びています。

茎の上の方にも根が生えどんどんと伸びています。

上の方は、カットして植えてあげたほうがいいのかと思っているのですが・・・

悩んでいます。

まだ決断はしていませんので、もしカットして植え替える場合はまたご報告します。

今回は決断出来ておらず、何ら試行錯誤していませんが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。