育ってきた環境が違うミロッティー

こんにちは。

今回は、100均の「ミロッティー」を購入したのでUCHIの「ミロッティー」と共にご紹介します。

ミロッティーはカランコエ属の多肉植物で、あまり寒さに強い方ではないのですが、UCHIのミロッティーも状態がよくなりつつあります。
その様子をお伝えしたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのミロッティー
  • ふたつのミロッティー

 

UCHIのミロッティーについて

UCHIのミロッティーは2018年12月10日に初めてご紹介しました。

徒長していて葉が少ないという状況でした。

 

しかし置き場所を変えてみると、

 


冬ですが、小さかった葉がゆっくりゆっくりと成長しています。
とてもかわいいです。

 

 

カットして植え直そうか悩んでいましが、この湾曲した茎が特徴的なのでそのままにしてあります。

 

前回のミロッティーのご紹介の時にもお伝えしまたが、100円ショップで「ミロッティー」は販売されているとお伝えしまが、またま100円ショップに立ち寄るとミロッティーが販売されていましたので、実際に100円ショップでミロッティー購入してきました。

なぜ購入したかというとUCHIの状態とかなり違うからです。

 

ふたつのミロッティー

まずは100円ショップで購入してきたミロッティーをご紹介します。

小さなかわいいミロッティーです。

UCHIのミロッティーとかなり色合いが違います。
もちろん大きさも違いますが、確かUCHIのも購入したときはこのような色をしていたと思います。

 

 

ふたつを並べてみました。

 

 

もう別の品種かと思います。

 

まずは茎です。

UCHIのはミロッティーは茎が茶色くなって、木質化しています。

 

一方、100円ショップで購入した方は、葉同様フェルトのような質感です。

 

これは多肉植物でも成長して育つにつれて、茎が茶色くなって、木質化していくようです。

コチレドン属の福娘なども成長するにしたがって茎が木質化するようです。

 

次に葉の色です。

 

 

購入したものはとても淡い色合いでフェルト感がとてもきれいです。

 


一方UCHIのミロッティーは濃い緑をしています。

 

そして厚みですが、

すごくわかりにくいのですが、100円ショップで購入したほうがちょっと厚みがあります。

 

この違いはやはり環境の違いだと思います。

もちろんUCHIのミロッティーはしばらく日の当たりにくい場所で放置気味になっていたのが主な原因ですが、これからはもっと手をかけて育ててあげたいと思います。

 

いろいろ比較しましがた、どちらもかわいい個性あるミロッティーです。

このふたつの個性を楽しみながら育てていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。