巨大化し過ぎた子宝弁慶草(クローンコエ)

こんにちは。

今回は、屋外で育てている「子宝弁慶草」別名クローンコエをご紹介します。

子宝弁慶草は子宝草とも呼ばれているようで、とにかく繁殖力が並外れている印象です。

UCHIでは子宝弁慶草を屋外で育てているのですが、とても大きく元気に生長しています。

クローンコエは基本的な育て方だけで、初心者の方もどんどんと増やすことが出来ると思います。

そんな子孫繁栄力の強い子宝弁慶草ことクローンコエをご紹介したいと思います。

今回の目次

  • 子宝弁慶草について
  • 子宝弁慶草の育て方
  • UCHIの子宝弁慶草
  • 子宝弁慶草の子株を室内へ

 

子宝弁慶草について

子宝弁慶草はカランコエ属の多肉植物で、葉の外周に子株を付ける特徴があります。

また名前からもわかるようにとにかく繁殖力とても強く、ほぼ放置しても葉に付けた子株が土に落ちてにどんどんと子供(子株)を増やして育ちます。

子宝弁慶草は繁殖力だけではなく、とても育てやすい印象があります。

蒸れと寒さが苦手のようですが、UCHIでは年中屋外で、葉に傷などは多少ありますがほとんど手を掛けなくても元気に育っています。

 

こちらがUCHIの子宝弁慶草(クローンコエ)で、かなり巨大化しています。

 

カランコエ属の注意点としては、基本的には根が細く、柔らかいものが多いようで、鉢いっぱいに根が広がると水はけが悪くなり根腐れしやすくなるようです。

またカランコエ属は寒さにも比較的弱いようです。

 

まずは子宝弁慶草の育て方をご紹介します。

 

 

子宝弁慶草の育て方

子宝弁慶草(クローンコエ)日当たりを好みます。

蒸れに弱いので風通しのよい場所がおすすめです。
また子宝弁慶草は水分を好む性質もあるようです。

 

日当たり

一年中日当たりを好みます。

蒸れに弱いので風通しのよい場所が最適です。

※経験から日陰でもある程度元気育ちました。

 

水やり

子宝弁慶草は比較的水分を好むタイプの多肉植物ですので、春と秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですので涼しくなってから与え、冬も少量を程度に与えるようにします。

※UCHIの場合たまたま環境が適したのか、年中屋外で雨ざらしですがトラブルなく育っています。

 

冬越し

寒さには比較的に弱いようですので、冬は室内で冬越しするのが無難です。

 

増やし方

葉挿しでも増やせれるようですが、やはり葉の周りに付く子株を土に置き根付かせる増やし方が簡単です。

 

 

UCHIの子宝弁慶草

もう手を付けれないぐらい大きく生長しました。

 

 

葉も立派になりかなり大きいです。

 

 

このように葉の外側に子株が付きます。
この写真の子株は落ちる機会がなかったのか、葉に付いたままかなり生長しています。

 

 

屋外の環境でほぼ放置状態ですが、葉の周りの子株が落ちたのか、それとも葉ごと落ちてかわかりませんが、どんどん周りに子供を増やしています。

 

今回は観察のため、ひとつの子株を室内で育ててみたいと思います。

 

 

子宝弁慶草の子株を室内へ

小さな株をプラスチックの鉢に植えました。
親株は大きくて迫力がありましたが、子株は単体で見るとかわいいです。

 

 

これから生長し、この葉の周りに新たに子株をつけると思いますので、今後その様子をお伝えできればと考えています。

 

 

室内で育てるので、屋外の時よりも日照不足にもなる可能性もありますが、UCHIの子宝弁慶草はどちらかというと日陰で育ったので、基本的には日当たりを好みますが、耐陰性も強いほうだと思います。

 

 

よい機会ですのでこの室内で育てた株と屋外で育てた株の生長の違いもお伝えできればと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

133日後の様子をご紹介します。