独特の見た目が印象的な子宝錦(ミニマ)

おはようございます。

今回は、独特の見た目が印象的なガステリア属の多肉植物の「子宝錦」(ミニマ)の様子をご紹介します。

ガステリア属の多肉植物は比較的に丈夫で管理しやすい品種が多いのですが、一番の特徴はその見た目ではないかと思います。

その中でも比較的に入手しやすいく管理しやすい子宝錦を購入しましたのでご紹介したいと思います。

今回の目次

  • 子宝錦について
  • 子宝錦の育て方
  • UCHIの子宝錦

 

子宝錦について

子宝錦はガステリア属の多肉植物で、丈夫で室内でも日当たりのある場所では比較的育てやすい品種です。

 

ガステリア属は見た目が個性的なものが多く、舌状の葉が積み重なる子宝錦もやはり独特の個性があります。

またガステリア属は班の模様も様々なタイプがあるのでほんとに個性豊かな品種が多いです。

 

ガステリア属は春秋型の多肉植物ですが、生育期は春から初夏で比較的多肉植物の中でも水を好む性質があるようで、置き場所などにもよりますが、夏でも断水ではなく水を与える必要があるようです。

 

また子宝錦は子株をたくさんつけるので、増やしやすいのも特徴のひとつです。

 

 

子宝錦の育て方

遮光された日当たりを好みますので、日が当たる場所で乾かし気味に管理します。

比較的に丈夫で育てやすいですが強い日差しや夏の日差しには注意が必要で葉焼けの原因になります。

 

また水を好むタイプで、基本的には乾かし気味に管理しますが、夏も断水ではなく水を必要とするようです。

 

より詳しい基本的な銀波錦の育て方はこちらでご紹介します。

 

 

UCHIの子宝錦

UCHIの子宝錦はとても小さな株で、小さな鉢に植えられています。

 

 

子宝とも呼ばれているように、子株あたくさん出てきています。

ガステリア属の多肉植物は春と秋に株分けで増やすこともできるので、機会をみて株分けしたいと思います。

 

 

ガステリア属は品種にもよりますが、このように舌状の葉が積み重なるのような個性的な見た目が魅力です。

 

 

子宝錦には班が入っていて上から見るとわかりやすくほんとに独特に見た目がさらに引き立っています。

 

 

今後どのような生長をするのか楽しみな子宝錦。

 

丈夫で育てやすいということで屋外(強い日差しは避ける必要があります。)でも育てられるようですが、UCHIではやはり室内の日の当たる場所で育て、また生長して変化した子宝錦の様子をご紹介していきたいと考えています。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

9日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。