もう少しで生育期の弱々しいロパロフィラ

こんにちは。

今回は、もう少しで生育期を迎える弱々しいフェネストラリア属の多肉植物「ロパロフィラ」別名 五十鈴玉(イスズギョク)の様子をご紹介します。

異常な症状があるロパロフィラはなんとか夏を乗り越えることは出来たのですが、株数は減ってしまい、残っている株の状態も良いとはいえません。

しかしロパロフィラはメセン(冬生育型多肉植物)なので、あと1ヶ月程耐えることができれば、回復が見込めるのではないかと期待しています。

また状態が悪くなった株の中から切り取ったロパロフィラもあり、親株の横に挿し木のような葉挿しにして現在も枯れずに過ごしていますので、その葉挿しにしたロパロフィラを別の鉢へ植え替えたいと思います。

今回の目次

  • UCHIのロパロフィラ
  • ロパロフィラの葉挿しを別の鉢へ
  • 葉挿しにしたロパロフィラとお手入れした親株

 

UCHIのロパロフィラ

UCHIのロパロフィラはに夏の休眠に入るロパロフィラに異常な症状があることをご紹介しました。

 

このご紹介から約5ヶ月が経ち、ロパロフィラはかなり寂しく弱々しい姿になってしまいました。

まずのその弱々しい状態のロパロフィラのをご紹介します。

 

 

こちらが元気のない様子のロパロフィラです。

株数も減ってしまい一見しただけで弱々しい状態がお分かりいただけると思います。

 

 

水は控え気味にしながらも、少しは土が湿る程度与えるようにしていました。

しかしこの写真のように、葉の上の方ではかなりシワが目立っています。

 

 

また前回ご紹介したときのように、縮れてくぼんでいるような症状の葉や倒れてしまっている葉もあります。

 

 

そしてこちらが冒頭でご紹介した弱った株から元気な部分の取り挿し木のような葉挿しにしたロパロフィラです。

※この茎のような部分は葉が徒長して伸びたものですので、葉挿しという表現でご紹介させていただきます。

しかし数ヶ月(2,3ヶ月程)前に葉挿しにしたのですが、このようにシワが目立つものの枯れずピンと立っています。

 

今回はこのピンと立っているロパロフィラの葉挿しを別の鉢へ移し、もう少し日当たりの良い場所で育てる準備をしたいと思います。

 

 

ロパロフィラの葉挿しを別の鉢へ

葉挿しにしたロパロフィラはとても小さいので、この黒の小さなプラスチックの鉢へ葉挿しし直したいと思います。

それではまず鉢から抜き出し、ロパロフィラの状態を確認したいと思います。

 

 

早速鉢から抜き出しました。

葉挿ししたロパロフィラは根がしっかりと張っている様子がなく、簡単に抜き出すことができました。

 

 

こちらがロパロフィラの根元の拡大写真です。

根が生えているのか微妙で判断がつきませんが、期待を込めて直ぐに新しい鉢へ葉挿しし直しました。

 

 

次にこの倒れてしまったロパロフィラの葉を取り除きたいと思います。

 

 

枯れているように変色した部分をねじり取る方法で、葉を取り除きました。

この葉を土に挿しても根は出そうにはありませんが、一応土に挿しておきたいと思います。

 

それではお手入れしたロパロフィラと葉挿しし直したロパロフィラをご紹介します。

 

 

葉挿しにしたロパロフィラとお手入れした親株

まずこちらがお手入れしたロパロフィラです。

葉挿ししたロパロフィラを抜き出したので、より寂しい雰囲気になってしまいました。

 

 

そしてこちらが葉挿しし直したロパロフィラです。

根が生えて機能しているかは微妙な状態なので、今回は水は与えずしばらくこのまま様子をみて、今後どこかのタイミングで日当たりの良い場所へ移したいと思います。

 

 

寒い時季に生長する冬型多肉植物(メセン)のロパロフィラは現在は状態が悪いですが、今が絶え時だと思います。

何とか生育期までこの状態を保ってもらい、冬に以前のような状態へと回復してもらいたいと期待しています。

 

また葉挿しし直したロパロフィラとお手入れしたロパロフィラの様子は冬のどこかのタイミングでその時の変化した様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したロパロフィラの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。