群生する様子が魅力的なロパロフィラ (五十鈴玉)

こんにちは。

今回は、フェネストラリア属の多肉植物「ロパロフィラ」別名 五十鈴玉(イスズギョク)をご紹介します。

ロパロフィラはとても人気のあるメセン系の多肉植物で、大小入り乱れて群生する様子がとても魅力があります。
以前からほしいと思っていたのですが、ようやく購入してきましたのでご紹介したいと思います。

今回の目次

  • ロパロフィラについて
  • ロパロフィラの育て方
  • UCHIのロパロフィラ

 

ロパロフィラについて

ロパロフィラはフェネストラリア属の多肉植物で、別名を五十鈴玉(イスズギョク)と呼ばれています。
フェネストラリア属はメセン系の冬生育型の多肉植物で、ロパロフィラは群生している様子が印象的です。

ロパロフィラは冬(秋から春にかけて)、黄色い花が咲くことがあるよです。
花が見れるのも植物を育てていく楽しみのひとつだと思います。

ロパロフィラこと「五十鈴玉」は、同じフェネストラリア属に見た目がよく似た群玉(グンギョク)という品種もあります。
群玉の花は白色のようです。

 

ロパロフィラは「窓」と呼ばれている葉の先端が透明になった部分があり、そこから光を取り込み光合成をして成長します。
この透明な窓を持つ多肉植物として有名なのは、ハオルチア属のオブツーサなどが有名です。

 

また、ロパロフィラは原産地では、窓以外の部分はほぼ土に埋まって、窓の部分だけが地表に出ているようですが、日本では風土的な条件が問題なのでしょうか、そのような育て方はしないようです。

 

不思議な魅力をもつロパロフィラ (五十鈴玉)の育て方をまとめました。

 

ロパロフィラの育て方

基本的には水は控え気味に育て、他の多肉同様に日当たりがよく風通しの良い場所を好むようですが、高温多湿が苦手のようです。
特に夏の管理が難しそうです。

 

日当たり

直射日光や強い日差しは避け、カーテンなどで遮光された明るく風通しのよい場所が最適です。

 

水やり

冬生育型の多肉植物なので、春から秋にかけ水やりを控え乾かし気味にし、特に夏場は断水、冬は土が乾いたら程度に与えるようです。
※購入したショップでは、今の時期(冬)はかなりたっぷり与えていました。

 

冬越し

冬生育型なので、寒さには強いという情報があり屋外でも冬越しできるようですが、地域によって寒さは違うと思いますので、UCHIは室内のエアコンのない部屋で冬越ししようと考えています。
ロパロフィラは冬越しより夏を越す対策のほうが難しそうです。
因みに夏は「蒸れ」をかなり嫌うようですので、風通しのよい場所が夏越しの必須条件になりそうです。

 

UCHIのロパロフィラ

UCHIのロパロフィラ(五十鈴玉)も大小、それぞれの個性だして群生していています。

とてもかわいい雰囲気を感じます。

 

 

上から撮影しました。
不揃いな大きさの葉が群生する様子が魅力的です。

 

 

このロパロフィラ(五十鈴玉)には黄色いつぼみがあります。
もうすぐ開花して黄色い花が見れそうです。

 

同じメセン系としてカルカレア(天女)も黄色い花でした。

 

 

上から見る様子もいいですが、この側面から見る様子もいいものです。
太い葉や細い葉などそれぞれの個性を持っていて共存しています。

 

 

大きな葉は存在感がります。
その奥の方(下の方)から小さな葉が大きな葉に負けじと生えてきています。

 

 

パロフィラ(五十鈴玉)の特徴である透明な大きな窓に寄って撮ってみました。
この窓から光を取り入れているようです。

 

 

ロパロフィラ(五十鈴玉)は開花まじかですので、開花後花の様子もお伝えしたいと思います。

2018年8月末に始めたこのブログですが、ようやく今回の投稿で100投稿目になります。
改めて読者の皆様と各SNSのフォロワーの皆様に感謝いたします。

そしてこれからもよろしくお願いします。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子