仏炎苞の存在感がないアンスリウム

おはようございます。

今回は、あのきれいな仏炎苞の存在感がないアンスリウム属の観葉植物「アンスリウム」の様子をご紹介します。

UCHIのアンスリウムはピンク色の仏炎苞が特徴で、5月中旬ぐらいまで4枚のピンクの仏炎苞を維持していました。

しかし今ではその仏炎苞が最後の一枚になり、その最後一枚も色褪せてしまっているので取り除こうと思います。

そして次の新しい仏炎苞がまだ出てきていませんので、アンスリウムの生育環境を完全するためにお手入れと追肥をしましたのでその様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのアンスリウム
  • アンスリウムのお手入れ
  • お手入れをしたアンスリウム

 

UCHIのアンスリウム

UCHIのアンスリウムはに冬ですが元気な様子をご紹介しました。

 

このご紹介から5ヶ月以上が経ちアンスリウムは元気に過ごしていますが、残念ながらあのきれいな仏炎苞の存在が感じられません。

それではまずは現在のアンスリウムの様子をご紹介します。

 

UCHIのアンスリウムはとても元気に過ごしています。

アンスリウムはとても丈夫で葉が枯れたり変色したりといったトラブルはありませんが、一見するだけだとアンスリウムの特徴の仏炎苞の姿がありません。

 

 

しかし実は仏炎苞は一枚だけ根元付近にあります。

アンスリウムの仏炎苞は色が変色し始めると取り除くようにしていますが、取り除く前には次の仏炎苞が出てきているといったサイクルでしたが、今回はこの色褪せたピンクの仏炎苞が最後で次がまだ出てきていません。

 

しかしこの仏炎苞はもうかなり色褪せてしまっているので取り除こうと思います。

 

 

この葉は前回ご紹介した誤って折ってしまった葉で、その後折れた部分(先の方)を取り除いています。

折れた部分を取り除いたことで枯れてしまうかと思いましたが、切り取ったふちが茶色くなったのみでその後は変化せずこの状態を維持しています。

 

この葉よよく見るとホコリが結構付着しており、またアンスリウムの葉全体をよく見るとかなりホコリが目立ちます。

そこで今回は新しいピンクの仏炎苞をつけてもらうためにもアンスリウムのお手入れしたいと思います。

 

 

アンスリウムのお手入れ

まずお手入れのため一通り葉の様子をみると一枚だけベタベタした感触の葉があります。

 

 

よく見るとハダニでしょうか。

茶色系の何か物体が付いています。

 

 

とにかく葉に霧吹きで水をかけながらティッシュペーパーでホコリやヨゴレを取り除きました。

またハダニらしき物体もキレイに取り除きました。

 

このような要領で時間をかけ一枚一枚作業をしました。

 

 

作業を終えるととてもキレイにホコリやヨゴレを取り除くことができました。

 

 

次に最後の一枚になった色褪せたピンクの仏炎苞を取り除きました。

 

 

そして追肥をしたいと思います。

しかしUCHIのアンスリウムの土はヤシガラが使われていて、一部のヤシガラがカビていますのでまずはそのカビているヤシガラは取り除きます。

 

 

このようにカビているようなヤシガラは取り除きました。

 

 

そして肥料を置きましたが、少しニオイがあるので、

 

 

肥料を下に埋めるようヤシガラで覆うようにしました。

これでニオイはほぼなくなりました。

 

 

最後に根元付近に葉水しておきました。

 

これで今回のお手入れと追肥は完了です。

それではお手入れしたアンスリウムをご紹介します。

 

 

お手入れをしたアンスリウム

最後の一枚のピンクの仏炎苞取り除きましたので、これで完全にアンスリウムの仏炎苞はなくなりました。

しかし葉はキレイになり追肥もしたので以前よりは生育環境は改善できたと思います。

 

 

アンスリウムの葉はハート型(少し縦長ですが)をしているのが特徴の一つで、お手入れしたことでそのかわいらしさも引き立ちます。

 

 

UCHIのアンスリウムは新しい葉も生長してきているので、またきれいなピンクの仏炎苞も近いうちに見ることができると考えています。

 

また今後UCHIのアンスリウムのピンクの仏炎苞を見ることができる時が来ましたら、その様子をご紹介したいと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。