ピンクのハート型が特徴のアンスリウム

アンスリウムの葉

こんにちは。
今回は、UCHIのピンクのハート型が特徴の「アンスリウム」をご紹介します。

ピンクで綺麗なので花だと思ってしまいますが、もうご存知の方も多いかと思いますが、これは花ではなく、仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる小型の葉ということで驚きました。

アンスリウムの仏炎苞と花

これは初心者ならではの感想だと思います。

今回の目次

  • アンスリウムについて
  • アンスリウムの置き場所

 

アンスリウムについて

アンスリウムはこの花のような葉(ほう)の鮮やかな色合いが人目を惹き、とても人気の観葉植物だと知りました。

アンスリウムの花

この苞(ほう)を仏炎苞(ぶつえんほう)と呼びきれいな光沢のあります。

 

アンスリウムの管理は高温多湿を好み、柔らかい日差しを好むようです。

とくに強い日差しや夏の日差しは苦手で、葉焼けする原因になりますので、レースカーテン越しの柔らかい日差しが入る明るい室内などが最適だそうです。

また寒さには弱く耐寒性がないため、特に冬は室内で管理するように勧められています。

水の管理は、春から秋はアンスリウムの成長期なので土が乾いたらタップ水を与えるようにするようにします。

またアンスリウムは多湿を好むようですので、乾燥するときは霧吹きなどで葉水をすることで、適切な環境を作ることができるようです。

冬は乾かし気味にし、乾燥が続く場合は、やはり霧吹きなどで葉水などで湿度を補ってあげるようにするのがよさそうです。

また、アンスリウムは根腐れに注意が必要です。

土は水はけのよいものを選ぶのがおすすめです。

 

アンスリウムの置き場所

置き場所としては強い日差しには注意が必要ですが、出来るだけ明るい室内で管理するのがおすすめです。

日当たりの悪い室内でも育てていくことが可能ですが、その場合葉に元気がなくなり花を咲かせなくなるようです。

対策としては、時々明るい場所で日光浴をさせてあげるようにし、株を元気保つことです。

 

今回は簡単なご紹介ですが、今後生長の様子と来年花が咲けばまたご報告したいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子