異彩を放つヘデラ・ゴールデンチャイルド(アイビー)

こんにちは。

今回は、異彩を放つヘデラ属の観葉植物「ヘデラ・ゴールデンチャイルド」の様子をご紹介します。

園芸用として販売されているヘデラ属は、葉のカタチや斑の色合いに違いがある様々な品種がありますが、その中でも少し大げさな言い方をすると、異彩を放つといってもよい色合いの斑入り品種がヘデラ・ゴールデンチャイルドではないかと思います。

そのやや大げさな表現をした色合いはというと、なかなかインパクトのある黄色系で、育て方にもよると思いますが葉もやや大きめなので斑の面積も広めなこともあり存在感があります。

そんな葉の様子に惹かれヘデラ・ゴールデンチャイルドを購入しましたので、葉の様子などをご紹介します。

今回の目次

  • ヘデラ・ゴールデンチャイルドについて
  • ヘデラ・ゴールデンチャイルドの育て方
  • UCHIのヘデラ・ゴールデンチャイルド

 

ヘデラ・ゴールデンチャイルドについて

ヘデラ・ゴールデンチャイルドも通称アイビーと親しまれているヘデラ属の観葉植物の1種で、基本的には丈夫で育てやすい品種でもあります。

ヘデラ属は種類も多く葉のカタチや色にそれぞれの特徴がありますが、そんな中でヘデラ・ゴールデンチャイルドは他とは違った、少し大げさな言い方をすると異彩を放つ葉のふちに入る色合いに特徴があります。

 

こちらがそのヘデラ・ゴールデンチャイルドの葉の様子です。

カタチに特徴がありますが、やはり葉のふちに入った黄色系の色合いに強いインパクトがあります。

こうういった色合いから名前にゴールデンと入っているのではないかと思われます。

 

そんなヘデラ・ゴールデンチャイルドはヘデラ属でも定番品種で、基本的には丈夫で育てやすく、他のヘデラ属の園芸用の品種と特に違った育て方をする必要はありませんが、一応基本的な育て方をご紹介します。

 

 

ヘデラ・ゴールデンチャイルドの育て方

基本的には日当たりを好みますが、日当たりに慣れていない場合は強めの日差しは避けるのが無難です。

水は土が乾いてから与えるようにし、風通しの良い場所が最適ですが、乾燥にも強めなので室内の多少風通しが悪い場所などでも育てることができます。

 

日当たり

風通しが良く日当たりの良い場所が最適ですが、日当たりに慣れていない場合は強めの日差しは避けるのが無難です。

また耐陰性が強いので日陰などでも育てられますが、その場合はなるべく明るめの場所が葉の色合いを保つのに効果的で、元気にも育てられます。

 

水やり

水は基本的には春から秋までは土が乾いてからたっぷりと与えるようにします。

冬は土の状態を確認しながら乾かし気味に管理するようにします。

またこまめな葉水が有効的で、乾燥には強いですが湿度を補い病害虫予防にも効果てきです。

 

冬越し

寒さには強めな性質なので屋外でも冬越しができますが、できれば2、3℃以上の室内などが無難です。

 

より詳しいヘデラ・ゴールデンチャイルドの育て方はこちらでご紹介します。

 

それではUCHIのヘデラ・ゴールデンチャイルドをご紹介します。

 

 

UCHIのヘデラ・ゴールデンチャイルド

こちらがUCHIのヘデラ・ゴールデンチャイルドの様子です。

少し前にご紹介したヘデラ・ホワイトワンダー同様に、つるがまだ短いのでシャキッと上向きなこともあり、ある意味ハツラツとした様子にも感じらます。

 

 

そしてやはり何度見てもふちの黄色系の色合いにインパクトがあり、他のヘデラ属とは違った異彩を放っているとも思えています。

 

 

そしてやはりつる性なので、このように伸び始めているつる(茎)があります。

このつるは春には生長してもっと長く伸びて、その重みから垂れ下がっていい感じになっているのではないかと期待が膨らみます。

 

 

そんなヘデラ・ゴールデンチャイルドもやはり日当たりを好むようですので、柔らかな日の差す場所で育てるのが元気に育てる要因になりそうですが、耐陰性も強いのでそういった場所以外でも気軽に育てられるようです。

しかし暗めの場所で育てるとやはり徒長もして葉の色合いがやや悪くなるようですので、今のような葉の色合いを保つならなるべく明るい場所を確保するのが良さげです。

 

 

因みにこちらは根元付近の葉の様子ですが、こちらは日に当たりにくいことが原因なのか定かではありませんが、上の方の葉と比べると葉の色合いがやや悪いような気がします。

 

 

そして葉の中にはこのような若葉があり、やはり新葉ならではの光沢があるので、特に中心部から広がる淡い緑色の色合いが他の葉とは違い初々しさを感じます。

 

 

ヘデラ・ゴールデンチャイルドはご紹介してきたように、葉のふちに入った黄色系の色合いから、他の品種とは違った異彩を放つ様子がありますが、こういった色合いを保つためにもなるべく遮光された日差しが届く場所に置いて育てていきたいと考えています。

またヘデラ属は様々なアレンジをして楽しむことができますが、UCHIではひとまず鉢植えで楽しみたいと考えていますので、また機会を見てヘデラ・ゴールデンチャイルドの植え替えをする予定ですので、その際はその作業の様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

またご紹介している植物やブログについてのご意見・ご感想、またはオススメの植物などを「Contact ページ」」からメッセージをいただければ、今後のブログの改善や記事の追加(入手可能な品種の場合)の参考にさせていただきたいと思いますので、ぜひ宜しくお願いします。