ペペロミア・プテオラータと白いカビ

こんにちは。

今回は、昨日気づいたのですが、UCHIの「ペペロミア・プテオラータ」の根本辺りに白いカビが生えていることに気がつきました。
水を与えすぎたわけでもないのですが、原因は空気(風)の通りにくい鉢にあるのかと思います。

今回の目次

  • ペペロミア・プテオラータの根本辺りに
  • ペペロミア・プテオラータを植え替え
  • ペペロミア・プテオラータの育て方

 

ペペロミア・プテオラータの根本辺りに

 

ペペロミア・プテオラータはこのブログを始めて最初の記事にした観葉植物です。

 

初めてペペロミア・プテオラータをご紹介したのは、2018年8月27日です。

 

以前の写真と比較していただけるとわかるのですが、順調に育ってくれています。

 


新しい葉も出てきて上へグングンと伸びているいるのですが、根元を見るとなにやら白いほこりのようなものがあります。

 

 

よく見ると白いカビでした。

 

間口の狭い鉢に入れていたせいか、空気が通りにくいので根本の周りに白いカビが所々に生えていました。

これはさすがにまずいので、すぐに対処しなければいけません。そこでよく考えてみるとカビを除去するだけではまたカビが生えてしまいそうなので、思い切って植え替えをしたいと思います。

ただし、寒いこの時期に作業していいものか疑問ですが、プテオラータの植え替えの適期は5月から6月頃ですが、しかしこのままにするのはどうかと思いますので、思い切って作業したいと思います。

 

ペペロミア・プテオラータを植え替え

それでは早速植え替えをしたいと思います。
まずは鉢からプテオラータを抜き出したいと思います。

 

カビがとても気持ち悪いです。

 

鉢からプテオラータをゆっくりと丁寧に抜き出しました。

 

 

うまく抜き出せたので、プテオラータに傷をつけずに済みました。

 

それでは植え替えたいと思います。

 

そこでちょうど以前、アンティーク風にさび加工をしようとして失敗した、IKEAのBINTJE (ビンチェ)がそのまま置いてあるのを思い出しました。

 

 

本当はすぐに紙やすりで削りたし、サビを誘発しようと計画していたのですが、途中で作業をするのを先延ばしにしていました。
ちょっと劣化してしまったので見た目が悪いですが、これに植え替えようと思います。

 

 

しかしこのままでは寂しいので、100均のアンティーク系のシールを貼ってひと工夫してみようとと思います。

 

 

アンティークシール

今回はこの100円ショップで購入していたシールを張ってみました。

 

 

少し斜めに張ったりしようかと思いましたが、このシールは工夫しなくてもいい感じになりそうでしたので出来るだけきれいに真っすぐ貼りました。

水で貼るタイプのシールなので曲面でもきれいに貼れました。
※右下隅が少し浮いていました。

 

 

ビンチェに観葉植物用の土を入れて、

 

 

抜き出したプテオラータの白いカビをここで取り除き

 

 

上から土をさらにかぶせこれで出来上がりました。

 

 

あまりおしゃれに個性あるDIYは出来ませんでしたが、まぁまぁそれなりにできました。

間口が広いので、根本付近に十分空気が当たるので根元付近の湿気を減らせれると思います。
一応これでカビの対策もできたと思います。

 

ペペロミア・プテオラータの育て方

ここでせっかくなので、ペペロミア・プテオラータの育て方のおさらいをしておきます。

プテオラータは日当たりを好みますので、レースカーテン越しの日当たりの良い場所に置くのがおすすめです。
耐陰性も多少あると感じています。日が当たらない場所でも育つと思いますが、時折明るい場所に置いてあげるほうが元気に育つと思います。

プテオラータを室内で管理している場合は、必ず直射日光は避けてください。
葉焼けしてしまいます。

実際少し屋外で日光浴させただけで葉焼けしてしまいました。

 

水は春から秋は乾いたら与えます。冬は乾かし気味にします。

プテオラータ比較的丈夫な植物ですので乾かし気味に水を与えるようにさえすれば育てやすいと思います。

 

作業後

とりあえずカビに早く気づけてよかったと思います。

このまま気づかずにいたらたぶんプテオラータがダメになっていたと思います。

IKEAのBINTJE (ビンチェ)の作業は途中でやめてしまうことになりましたが、ビンチェは有効活用できましたのでおおめに見てください。

 

今回は簡単な作業でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

その後の様子