マッサンゲアナの幹の異変

おはようございます。

今回は、幹の異変を感じたドラセナ属の観葉植物「マッサンゲアナ」に異変がありましたのでその様子ご紹介します。

園芸店やホームセンターなどで販売されているマッサンゲアナは「幸福の木」として人気があり、長い幹の株と短い幹の株の二株を一緒に植えて販売されているものをよく見かけます。

UCHIのマッサンゲアナも長い幹の株と短い幹の二株を一緒に植えられているものですが、その長い方の幹に異変を感じましたのでその様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのマッサンゲアナ
  • マッサンゲアナのお手入れ
  • お手入れしたマッサンゲアナ

 

UCHIのマッサンゲアナ

UCHIのマッサンゲアナはにカイガラムシの影響からか葉の変色が気になりお手入れした様子をご紹介しました。

 

このご紹介から5ヶ月以上経過し、これまでは特に問題なく過ごしていましたが少し気になる様子があります。

まずはそのマッサンゲアナの現在の様子をご紹介します。

 

 

マッサンゲアナはお手入れ後は大きな異変はなく問題もなく過ごしていました。

 

 

しかしこのようにわき芽が枯れだしています。

 

 

またこのわき芽は葉の色が薄く奥には黄色く変色した葉もあります。

しかし前回のようにカイガラムシ被害ではなさそうです。

 

 

原因を探るためマッサンゲアナよく観察していると、二株あるうちの長い方の幹の根元付近がカビているような様子があります。

またこの幹もハリがなくシワシワになっている印象も見受けられます。

 

 

幹だけではなくその周辺も白っぽくカビいて、かなり状況的にまずそうです。

状態を確かめるためにも急いでマッサンゲアナのお手入れをしたいと思います。

 

 

マッサンゲアナのお手入れ

この幹にはわき芽が二つありひとつは付け根から枯れていて、もう一つのわき芽も葉が変色していますので、両方とも思い切って取り除きます。

 

 

このよう付け根から取り除いたのですが、なにやら悪臭がします。

この葉の付け根付近から異臭がするので、やはり幹に問題がありそうです。

 

 

そして幹を触って原因がわかりました。

マッサンゲアナのこの長い方の幹は表面の皮と幹本体の間に空洞があるような感触で、また根元は少しブニョブニョした感触です。

この感触からして根腐れしてしまったようですのです。

 

一旦幹を抜き出してみましたが、表面の皮が簡単に剥がれ中がカビていました。

残念ながらこの株は諦めるしかなさそうです。

 

 

残っている幹はしっかり中が詰まっているようなハリがあり、とても元気もあり問題はなさそうです。

とりあえず抜き出した株の空いた部分を埋めます。

 

 

埋める前に化成肥料を与え穴を埋めました。

 

長い方の株は残念な結果になりましが、しかし思いつく原因としても水を与え過ぎたといった心当たりはありませんので、何故このように幹がブニョブニョになったのかはわかりません。

 

 

お手入れしたマッサンゲアナ

UCHIのマッサンゲアナはこれまで二株あったので、一株減るとやはり少し寂しい姿になってしまいました。

 

 

この残っているマッサンゲアナは元気なので、一枚一枚葉水しながらホコリやヨゴレを掃除しましたのでとても健やかな雰囲気になりました。

 

 

このように根元付近からもわき芽が出ていて元気に生長していますので、引き続きしっかり水の管理をして育てていきたいと思います。

 

 

最後にこちらの幹にも残っていた枯れた葉の手入れ(除去)してました。

 

今回は何故長い方の幹だけが根腐れしてしまったのかわかりませんが、根腐れして腐ってしまうと害虫が発生する可能性もあるので残念ながら取り除くことになりました。

やはり一番思いつくのは水の管理が原因ではないかと思いますので、今後は水の量を少し控えながら残っている短い幹のマッサンゲアナを管理して元気に育てていきたいと思います。

 

またUCHIのマッサンゲアナに変化の様子がありましたら、その様子をご紹介したいと考えています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

121日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。