春を迎えるスパティフィラム

こんにちは。

今回は、無事冬越しできた「スパティフィラム」をご紹介します。

スパティフィラムは夏などの暑さは得意なのですが、冬の寒さは苦手です。
多少葉が枯れたりはすることは覚悟をしていましたが、室内管理ということもあり、大きなトラブルなく冬越しできました。
これから生育期の春を迎えますので冬越しを終えたUCHIのスパティフィラムの現在の様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのスパティフィラム
  • スパティフィラムの現状
  • ぐったりとしたスパティフィラム

 

UCHIのスパティフィラム

冬越しを終えて春を迎えるスパティフィラムですが、多少葉の先が枯れたり、黄色く変色してしまった葉がありますが、大きなトラブルなく無事冬越しできていそうな気配を感じます。

スパティフィラムは耐陰性もあり比較的丈夫な観葉植物です。
また空気の清浄効果が期待できることは2018年12月2日にご紹介しました。

 

しかし以前のご紹介の時にお伝えしたように、スパティフィラムの特徴の白い仏炎苞はありません。
日照不足が原因かと思い、室内でも明るく少し日当たりのある移動させたのですが、冬だったということもあり今も花茎は見当たりません。

 

スパティフィラムの開花は5月から10月の間ということなので、これからは頃合いみて徐々にたっぷり水も与えるようにし、もう少し気長に待ちたいと思います。

それでは冬を無事越したスパティフィラムをご紹介したいと思います。

 

スパティフィラムの現状

撮影のため置き場を変えましたが、明るい室内で育てています。

 

 

以前からこのように葉の先が枯れていますが、これ以上進行することなく冬越しできました。

 

 

残念ながらこのように黄色に変色した葉も2枚ほどありました。
このように変色してしまった葉は茎ごとカットしました。

 

冬越し対策として、葉水などで水分は与えるようにしていましたが、極力水は控えていました。
しかし水を控えていると、ぐったりと倒れ込むように元気がなくなります。

今回はその様子を水を与える前に撮影していますのでご紹介したいと思います。

 

ぐったりとしたスパティフィラム

水やりをごく少量に控えた状態のスパティフィラムの状態です。

かなりぐったりとして弱々しい姿です。
ただし冬は生長も鈍化していますので、水を与え根腐れさせてしまっては本末転倒です。

 

 

この様に茎が折れ曲がるようになります。
冬は毎回このような状態になるまでほとんど水を与えないようにしていました。

 

 

しかしぐったりした状態から水を与えて早くて一日、遅くても二日もすればこのようにシャキッと元に戻ります。
ホットする瞬間です。

 

もうすぐスパティフィラムにとって適温の暖かい春がやって来ますので、スパティフィラムにはまた綺麗な苞をつけてもらいたいと思います。
これからが楽しみな生育期に入るスパティフィラムですので、害虫に気を付け、また変化があればお伝えしたいと考えています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。