コノフィツム

こんにちは。

今回は、以前から多肉植物が好きで、何年も前に購入したコノフィツムを紹介します。

今回の目次

  • UCHIのコノフィツム
  • コノフィツムの脱皮した皮のお手入れと株分け
  • 株分けをしたコノフィツム を元の洗面台の鏡の前に

 

UCHIのコノフィツム

UCHIのコノフィツムは、今は洗面台の鏡の前に置いています。

多肉植物は水をあまり必要としないので、日当たりを調節するだけということもあり、とても管理しやすいです。

 

 

しかし最近は少し放置気味なので、そろそろ脱皮した古い皮の手入れをしてあげないといけません。

また鉢も小ぶりなことも気になっていて、たまたま調べてみると、ちょうど今の時季(9月~11月ぐらい)が株分けや植え替えに適しているようですので、この機会に古い皮の掃除と株分けをやってみたいと思います。

 

 

コノフィツムの脱皮した皮のお手入れと株分け

株分け後の植え替える鉢として、こちらの黒のプラスチックの鉢を用意しました。

また多肉植物用の土が手元になかったので、観葉植物用の土で作業しました。

 

 

株分けや、脱皮した皮のお手入れをするために、コノフィツムを初めて鉢から抜き出しました。

そして初めてこういった様子を見たのですが、コノフィツムはすごいカタチをしています。

 

そしてゆっくりと傷をつけないように、古い皮を手で取り除きました。

簡単にはがれるものと、なかなかはがれにくいものがありましたので、葉に傷をつけないために、簡単にはがれるものを中心に作業しました。

※作業しやすいようにこの時点で先に株分けもしました。

 

 

そしてこちらが取り除いた古い皮です。

 

 

実際に作業をしてみると、思いのほか、なかなかきれいになりませんでした。

手に土がついているので、何とか撮影しましたが、手振れしてしまいました。

 

 

知人に譲るため小さめの株も用意しました。

株分け後、4、5日は水を与えてはいけないようなので、このまましばらく様子を見守っていきたいと思います。

 

購入した当初は、葉が2枚だけでしたが、どんどんと増えました。

コノフィツムは比較的管理が簡単なようで、また仲間をどんどん増やしてもらいたいと思います。

 

株分けをしたコノフィツム を元の洗面台の鏡の前に

そしてこちらが株分けした翌日の2018年9月28日の、元の洗面台の鏡の前に戻した、UCHIのコノフィツムの様子です。

以前よりスッキリと落ち着いた雰囲気になりました。

このままこれからも洗面台を飾り続けてもらいたいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

これからも初心者の試行錯誤した様子を更新していきますので、よろしくお願いいたします。

 

追記

2018年10月19日

品種名はたぶん「小菊の舞」だと思います。

間違えていたらすいません。

 

その後

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

ご紹介している植物やこのブログについて、ご意見、ご感想、改善点やレイアウト、品種名の間違いなど、何かお気付きのことがあれば、Contact ページからメッセージをいただければ、記事の修正や追加、今後のブログの改善の参考にさせていただきます。