白い縞状の模様が入ったピンと尖った葉が特徴の十二の巻

おはようございます。

今回は、先日購入した白い縞状の模様が入ったピンと尖った葉が特徴のハオルシア属の硬葉系の多肉植物「十二の巻」をご紹介します。

これまでにも「十二の巻」をご紹介していましたが、今回ご紹介するのが間違いのない「十二の巻」で、以前のものは「十二の爪」か「十二の塔」のようでした申し訳ございません。

こういった経緯から改めて十二の巻を購入しましたので、十二の巻の様子と育て方をご紹介します。

今回の目次

  • 十二の巻について
  • 十二の巻の育て方
  • UCHIの十二の巻

 

十二の巻について

十二の巻はハオルシア属の春秋型の多肉植物で、硬葉系に分類される品種です。

硬葉系と分類されていることからもわかるように葉は固く、十二の巻の葉はピン先が尖っていて、白い線が縞状に入っている特徴があります。

 

冒頭でもご紹介しまたが、以前十二の巻とご紹介していた品種は十二の爪か十二の塔で、白い模様が途切れるように入っているので明らかな違いがあります。

※十二の爪と十二の塔は区別が難しいのでしばらくは連名でご紹介し、また何らかの機会で正確に判断ができれば改めて修正させていたきだます。

 

十二の巻は比較的丈夫で、水を与え過ぎないように育てるのがポイントです。
しかし十二の巻は強い日差しに当てると葉が赤茶色っぽく変色してしまいますので、置く場所には少し注意が必要です。

 

それでは新ためて十二の巻の育て方をご紹介しておきます。

 

 

十二の巻の育て方

十二の巻は遮光された日が当たり、高温多湿が苦手なので風通しの良い場所を好みます。

 

日当たり

遮光された柔らかな日が当たり、多湿が苦手なので風通しの良い場所が最適です。

 

水やり

春と秋は土が乾いたら水を与え、夏と冬はほぼ断水に近い状態で乾かし気味にし、月に一度か二度表面を湿らす程度に与えます。

 

夏越し

夏は強い日差しは避け、高温多湿が苦手なので風通しの良い場所で乾かし気味に管理するようにします。

冬越し

寒さは得意ではありませんが、室内で水は乾かし気味にすることで比較的無難に冬越しできます。

 

増やし方

春と秋に株分けで増やせます。

 

 

UCHIの十二の巻

十二の巻は葉が外向きにピン伸びた様子が特徴です。

 

 

またこの白い縞状に入った模様が途切れることなく繋がっているのも十二の巻の特徴で、同じハオルシア属の多肉植物の十二の爪や十二の搭は途切れるように模様が入っています。

 

 

またこの白い部分は立体的になっていて、触れても凹凸を感じ白の部分は膨らみがあることが確認できます。

 

 

十二の巻の葉の内側は白の模様はありませんが、冬の星座は内側にも白の模様があります。

 

 

十二の巻も機会を見てプラスチックの鉢のから植え替えをしたいと思いますので、近日中にその様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

9日後の様子をご紹介します。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。