元気に伸びたわき芽がかわいいプロリフェラ

こんにちは。

今回は、元気よくわき芽が伸びているセダム属の多肉植物「プロリフェラ」をご紹介します。

ホームセンターで購入したプロリフェラは、小ぶりですが2株あり、葉は肉厚で、今は少し紫がかった色をしています。

プロリフェラは基本的には丈夫な品種で育てやすいですが、セダム属は多湿が苦手なので、多湿にならないよう注意が必要です。

そこで購入したプロリフェラの現在の様子と、基本的な育て方をご紹介したいと思います。

今回の目次

  • プロリフェラについて
  • プロリフェラの育て方
  • UCHIのプロリフェラ

 

プロリフェラについて

プロリフェラはセダム属の多肉植物で、わき芽をどんどん伸ばす特徴があります。

比較的小ぶりなので、寄せ植えなどにも使いやすく、丈夫で育てやすい品種です。

 

プロリフェラは春秋型タイプに分類され、春と秋にわき芽を挿し木にしたり、葉挿しすることで、比較的簡単に増やすことができるようです。

そんなプロリフェラは薄い緑色の葉が特徴で、紅葉するとほんのりとピンクがかった色合いになるようですが、今回ご紹介するUCHIのプロリフェラは紫がかった色をしています。

 

育てる上でのポイントは、セダム属の多くは夏の多湿が苦手ですので、夏の水の管理には注意が必要です。

また夏に水を与える場合は、涼しくなった夕方などに水を与えるようにするのがおすすめです。

 

それでは、まずプロリフェラの育て方をご紹介します。

 

 

プロリフェラの育て方

日当たりがよく風通しの良い場所を好みます。

日当たりが少ないと徒長してしまいます。

多湿が苦手ですので夏場や暑い日などの水やりは注意が必要です。

 

日当たり

プロリフェラは、日当たりを好みますので、日当たりがよく、風通しのよい場所がおすすめです。

 

水やり

春と秋は土が乾いたら水を与えます。

高温多湿が苦手ですので、夏は乾かし気味に管理します。

また夏や暑い日に水を与える場合は、夕方など涼しくなってから与えるようにします。

そして冬は時折土を湿らす程度に与えます。

 

冬越し

冬は日当たりのよい室内が無難に冬越しができます。

 

より詳しいプロリフェラの育て方はこちらでご紹介します。

 

それではUCHIのプロリフェラをご紹介します。

 

 

UCHIのプロリフェラ

UCHIのプロリフェラは2株あります。

大きさはほぼ同じぐらいですが、違いがあります。

 

 

その違いとは、わき芽です。

写真手前のプロリフェラは4本の伸びたわき芽があります。

 

 

特に右上のわき芽は結構伸びています。

このかわいいわき芽は、カットして挿し木にすることで、簡単に増やすことができるのがプロリフェラの特徴でもあります。

 

 

こちらがもうひとつの株です。

こちらのプロリフェラは2本のわき芽と、まだ伸びていないわき芽が1本あります。

 

 

上から見ると、もうわき芽も、親株のような形や色になっているのがわかります。

そしてまだ小さいですが、葉が結構肉厚な様子です。

 

 

今回はわき芽を中心にご紹介したプロリフェラでしたが、セダム属の多肉植物は春秋型タイプの品種が多く、プロリフェラもこれからが生育期です。

そこでしっかり日に当て、プロリフェラを強い株へと育てたいと思います。

 

またプロリフェラは5月頃に、元気な様子をご紹介できればと考えています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

35日後の様子をご紹介します。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。