窓際のグランディフローラムの夏から秋の生長

おはようございます。

今回は、日当たりのよいリビングの窓際に置いているフォロトシア属の多肉植物「グランディフローラム」の夏から秋の生長と葉挿し(挿し木)のその後の様子をご紹介します。

グランディフローラムは夏からこの秋にトラブルなく順調に生長を遂げているのですが、増やすため葉挿しにしたものには異変が表れてしまいました。

またグランディフローラムをご紹介するときに悩むのが緑の伸びた部分で、葉なのか茎なのかまたは別の表現のものなのか未だに正確にかわかりません。

一応以前は葉としてご紹介しているので葉と表現してご紹介しますが、もしよければ読者の皆様にこの部分のご教示もいただければと思います。

今回の目次

  • UCHIのグランディフローラム
  • グランディフローラムの葉挿しのその後
  • 葉挿しの子株と夏から秋に生長した親株のグランディフローラム

 

UCHIのグランディフローラム

UCHIのグランディフローラムはに長く伸びた葉をカットして整えた様子などをご紹介しました。

 

またそのカットした葉は以前葉挿しにしていたものと同じ鉢へ葉挿しにした様子もご紹介しました。

その前回のご紹介から4ヶ月が経ち、日当たりのよい窓際に置いていることがよかったのか夏からこの秋にしっかりと生長を遂げました。

 

それでは8月からこの秋の間にしっかりと生長を遂げたグランディフローラムをご紹介したいと思います。

 

こちらが元気よく生長を遂げているUCHIのグランディフローラムです。

 

 

違いが分かりにくいですが、少し根元が太くなったような気がするのですが定かではありません。

 

 

生長したグランディフローラは以前カットする前と同等程度まで長く聳え立つ様子が窺えます。

 

 

その一番上に君臨するのがこの以前カットしたわきから伸びた葉です。

まだ先端の方は色合いが淡い様子がありますが、今後の生長に期待が持てます。

 

ですがやはりこの緑の棒状の部分が葉なのか茎なのかとても気になります。

そこでもしよければご教示いただきたいのですが、

 

フォロトシア・グランディフローラムの緑の棒状の部分について

投票結果

Loading ... Loading ...

 

ご回答いただいた内容は今後のグランディフローラムのご紹介時に参考にさせていただきます。

また以前の記事の修正にも利用させていただき内容を変更させていただく事もあります。

 

それでは次に葉挿しにしたグランディフローラムのその後の様子をご紹介したいと思います。

 

 

グランディフローラムの葉挿しのその後

葉挿しにしたグランディフローラムの現在の様子です。

外側2本の葉挿しにしたグランディフローラムは太くしっかりした様子ですが、中央の一番最初(に葉挿しにしたグランディフローラムはかなり弱々しい様子です。

 

 

より近くで確認するとその様子がわかります。

先端付近は変色して枯れてしまっています。

以前この葉は根が生えていることは確認していますがもう一度抜き出して状態を確認してみたいと思います。

 

 

ですが抜き出すため触れた瞬間にはっきりと状態がわかりました。

それはその葉はグニョグニョとした手触りで残念ながら手遅れになっている気がしました。

そして抜き出してみると以前より若干根は伸びているものの根元付近までグニョグニョとした状態でした。

 

残念ですがこの葉は諦めます。

それでは最後に子株(葉挿し)のグランディフローラムともう一度夏からこの秋に生長した親株のグランディフローラムをご紹介します。

 

 

葉挿しの子株と夏から秋に生長した親株のグランディフローラム

葉挿しにしたグランディフローラムは残念ながら2本(2枚)になってしまいました。

あのグニョグニョした感触からやはり茎なのではとも思ったりもしています。

 

 

葉挿しにしたグランディフローラムは抜き出し確認こそしていませんが、少し上へと引っ張るとやや引っ張り感があるので多分根が生えていると考えています。

このまま無事冬を乗り切るため、今後はより水を控え冬越ししたいと思います。

 

 

また親株のグランディフローラムはリビングの窓際で引き続き育てていきたいと思いますが、もっと寒さが厳しくなれば窓際からより内側へ移したいとも考えています。

一度グランディフローラムは冬越しを無事していますが油断せず冬越しし、また葉挿しにしたグランディフローラムとこの親株のグランディフローラムに変化がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したグランディフローラムの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。