鉢から溢れ出る小さな葉がかわいいリトルミッシー

こんにちは。

今回は、先日園芸店で購入したクラッスラ属のかわいい多肉植物「リトルミッシー」をご紹介します。

リトルミッシーは小さな葉の外側の縁(ふち)にクリーム色の班が入ったオシャレでかわいい多肉植物です。
水の与え過ぎにさえ注意すれば、比較的に育てやすく増やしやすいので、人気のある品種です。

今回の目次

  • リトルミッシーについて
  • リトルミッシーの育て方
  • リトルミッシーの植え替え
  • UCHIのリトルミッシー
  • リトルミッシーとシレネ・ユニフローラ

 

リトルミッシーについて

リトルミッシーは優しい緑色の葉の縁(ふち)にクリーム色系の班が入ったかわいい葉が特徴的です。

リトルミッシーはクラッスラ属の春秋型の多肉植物で、育てやすく横に広がるように生長するので庭のグランドカバーとしても用いられることが多いようです。

同じクラッスラ属でも以前ご紹介した、神刀とはかなり見た目が違います。

 

リトルミッシーの葉は小さいのですが、見た目と違い、触ってみると意外と多肉植物らしい肉厚な感触があります。

 

このリトルミッシーのかわいい葉は秋からピンクに紅葉するようですが、今回購入したリトルミッシーはもう紅葉している葉が少ないほうだと思います。

 

まずはこのかわいいリトルミッシーの育て方をご紹介したいと思います。

 

 

リトルミッシーの育て方

リトルミッシーは日当たりを好み、乾かし気味にして多湿な状態は避けるようにします。

 

日当たり

年中日当たりを好み、多湿にならないよう風通しのよい場所が最適です。

 

水やり

基本的には水は控えめにして育てます。

春と秋は土が乾いたら水を与え、夏は高温多湿が苦手ですので乾かし気味にし、冬も時折湿らす程度に与えます。

 

リトルミッシーの基本的な育て方はこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

リトルミッシーの植え替え

リトルミッシーは100円ショップで買った素焼きの鉢に植え替えます。

 

 

黒いビニールポッドに入ったリトルミッシーは、すでにポッドから葉や茎が溢れています。

まずは丁寧に抜き出します。

 

 

土が湿っていたせいで抜き出すのに苦労しました。
取り合えず大きなトラブルなく抜き出せました。

ここまでくれば後の作業は簡単です。

 

それでは早速素焼きの鉢に植え替えたリトルミッシーをご紹介します。

 

いい感じに素焼きの鉢との色のバランスになり、オシャレに程よく葉や茎が鉢から溢れ出すイメージに仕上がりました。

 

 

UCHIのリトルミッシー

リトルミッシーの葉の色合いと素焼きの鉢はよく合い、清々しい雰囲気に仕上がりました。

 

 

葉が鉢から溢れ出て垂れ下がる雰囲気がとても好きです。

 

 

そしてこちらが葉の縁がピンクに色づいた葉です。
全体的に色づくようですが、UCHIのリトルミッシーは少し大きめの葉のみ色づいています。

 

 

リトルミッシーとシレネ・ユニフローラ

先日植え替えたシレネ・ユニフローラと並べるといい雰囲気のインテリアグリーンになるのではないかと思い色合いを合わせてセットで購入しました。

 

 

並べてみると葉と班の色合いが似ており、鉢から溢れ出すような様子がとても好きです。

 

 

植物のジャンルで区別すると違う部類になるのですが、基本的にはふたつとも乾かし気味に育てれるため、リトルミッシーとシレネ・ユニフローラを並べて棚に飾ろうと考えています。

 

 

今回リトルミッシーはシレネ・ユニフローラと合わせて、インテリアグリーンとして日当たりが確保できれば室内を彩れるのではと考えました。

今後またリトルミッシーの生長の様子もお伝えしてければと考えています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

お好きな方法でも構いませんのでこのブログをご紹介もしくはシェアして頂けると幸いです。