窓際に置いているリプサリス・エワルディアナの気になる存在

こんにちは。

今回は、窓際に置いているリプサリス属の多肉植物「リプサリス・エワルディアナ」に気になる存在がありますので、その様子をご紹介します。

リプサリス・エワルディアナは人目を惹くインテリアグリーンへと窓際で日に当て改善を目指していますが、なにやら気根のようなものが伸び始めていることに気が付きました。

しかしその気根のようなものは、根にしてはやや太く、何より他とは一線を画すかのような存在感のある赤色をしています。

そこでそれは一体なんなのか調べましたので、その様子と併せ紹介します。

今回の目次

  • UCHIのリプサリス・エワルディアナ
  • リプサリス・エワルディアナの気になる存在
  • 少し新芽が伸びた感じがするリプサリス・エワルディアナ

 

UCHIのリプサリス・エワルディアナ

UCHIのリプサリス・エワルディアナは2020年11月18日に、やや状態が悪い株を安価で購入して、人目を惹くインテリアグリーンへと仕上げたいと、その時のご紹介しました。

 

このご紹介後は日に当てるため窓際に置いていて、こまめな葉水でしっかりと水分を補うようにしています。

するとリプサリス・エワルディアナは前回のご紹介時より、明らかに茎の状態が改善したと思います。

 

しかし人目を惹くインテリアグリーンへとはまだまだこれからですが、前回のご紹介から約2ヶ月が経った、茎の状態が改善したリプサリス・エワルディアナの現在の様子をご紹介します。

 

 

こちらが窓際に置いて育てている、UCHIのリプサリス・エワルディアナの様子です。

 

 

前回のご紹介時は先端付近がしぼんでいる茎が多い印象でしたが、その後水は1度しか与えていませんが、こまめに葉水をしていると今ではしぼみが解消され、おそらく本来の厚みとハリが戻ったのではないかと思うような姿になりました。

 

このように茎の状態が改善したリプサリス・エワルディアナに、最近気になる存在がありました。

始め見たときは気根が伸びているのかと思いましたが、気根にしてはやや太く、なにより他とは一線を画すかのような存在感のある赤色をしています。

 

そこでそのリプサリス・エワルディアナに表れた気になる存在をご紹介します。

 

 

リプサリス・エワルディアナの気になる存在

その気になる存在のものは、最初見たときは気根かと思いました。

日々増えているようで、今ではピンクの円で囲った複数の場所で見ることができます。

そして何より他とは一線を画すかのような存在感のある赤色をしています。

 

 

そこでこのリプサリス・エワルディアナに表れた赤いものが何か調べてみると、どうやらこれは新しい茎(新芽)のようです。

カットして挿し木などにしなくてよかったと思います。

 

 

こういった様子からもリプサリス・エワルディアナは順調に生長をしているようで、今は窓際で遮光していない日当たりがちょうど良さそうな印象です。

また冬はリプサリス属は乾かし気味に管理する必要があり、水分を補う時は、このように全体的に葉水するようにしています。

 

 

たっぷりと葉水して水分を補い、赤の新しい茎(新芽)にもたっぷりと水をかけてあげました。

因みに株の状態や置き場所にもよりますが、冬にリプサリス・エワルディアナの土に水を与えるのは月に1度か2度程度に控えるのが無難です。

 

それではこの様子を撮影した2日後の、少し赤い新芽が伸びた感じがするリプサリス・エワルディアナの様子をご紹介します。

 

 

少し新芽が伸びた感じがするリプサリス・エワルディアナ

こちらが少し赤い新芽が伸びた感じがする、UCHIのリプサリス・エワルディアナの様子です。

やはり少し離れた場所からではまだまだ新芽の存在感を感じられません。

 

 

しかし近寄ってみると、また違った場所からも赤い新芽が出てきているようです。

 

 

そしてこちらが先ほどご紹介した水をかけた新芽で、角度的なこともありますが2日で少し伸びている感じがします。

こういった様子から、このまま葉水で水分を補いながら冬越しさせるのが、やはり正しい管理方法だといえそうです。

しかしまた茎がしぼんだりするようでしたら、水も少し与えたいと思います。

 

 

これからもご紹介したような赤い新芽が次々と芽生え、それが徐々に伸びて緑へと変化し始めると、よりワサワサとボリューム感が増し、リプサリス・エワルディアナは人目を惹くインテリアグリーンへと近づくのではないかと考えています。

 

今後もこのまま窓際で日に当てながら冬を過ごし、またリプサリス・エワルディアナに新たな変化がありましたら、その様子をご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

その後の様子

130日後の様子をご紹介します。

 

よろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。

ご紹介している植物やブログについてのご意見・ご感想・改善点・レイアウト、または品種名の間違いなどを「Contact ページ」」からメッセージをいただければ、今後のブログの改善や記事の追加(入手可能な品種の場合)の参考にさせていただきたいと思いますので、ご協力をお願いします。