あまり理想的な生長をしていないベンジャミン・スターライト

おはようございます。

今回は、あまり理想的な生長をしていないフィカス属の観葉植物「ベンジャミン・スターライト」の様子をご紹介します。

UCHIのベンジャミン・スターライトは植え替え後はあまり変化はありませんでしたが、ようやく春前ぐらいから新しい葉を付け始めた様子があります。

しかしそれよりも葉が減っていることの方が気になり、環境に適した生長はしていると思いますが、今もあまり理想的な生長をしているとは言えません。

そしてその原因は、負担を減らすため土ごと植え替えた、この植え替えのやり方と、その土にあるのではないかと考えました。

そこで先日セロームの植え替えをして、水受け付きの鉢が空きましたので、新しい土を使ってもう一度ベンジャミン・スターライトを植え替えしたいと思いますので、その作業の様子をご紹介します。

今回の目次

  • UCHIのベンジャミン・スターライト
  • ベンジャミン・スターライトの植え替え
  • 植え替えたベンジャミン・スターライト

 

UCHIのベンジャミン・スターライト

UCHIのベンジャミン・スターライトは2019年10月1日に、環境の変化に敏感といった情報から、購入して持ち帰り、その後あまり影響がなかった様子をご紹介しました。

 

またこのご紹介では、負担をかけないよう土ごと白い縦長のプラスチックの鉢へ植え替えた様子もご紹介しました。

そしてこのご紹介から9ヶ月も経過していますが、環境に適した生長はしていると思いますが、あまり理想的な生長とはいえず、むしろ葉が減っていることの方が気になります。

 

このまま様子を見るか、何か手を打つかで悩みましたが、もしかして負担をかけないよう土ごと植え替えたことが原因ではないかと考え始めました。

そこで先日セロームの植え替えをして、セロームに使っていた水受け付きの鉢が空きましたので、その鉢へ新しい土を使ってベンジャミン・スターライトを植え替えようと決断しました。

 

それではその作業の前に、現在のベンジャミン・スターライトをご紹介します。

 

 

こちらが植え替えから9ヶ月が経過した、UCHIのベンジャミン・スターライトの現在の様子です。

他の観葉植物は春前から生長を初めている品種が多いですが、ベンジャミン・スターライトは生長しているというより、どちらかというと葉が減った印象の方が強く感じます。

 

 

しかし新葉もこのように生長していて、決して生長していないわけではありません。

 

 

しかし新葉でも何故かちらほらと、ピンクの円で囲ったような、大げさな言い方ですが奇形葉の様な葉が目に付くようになりました。

これは生長しきっていないだけの可能性もあります。

 

 

また以前と比べ、クリーム色系の色合いの班の割合が少ない葉が増えているような気がします。

 

 

そして以前は葉が付いていた細めの枝には、新しい葉が芽生えるどころか枯れたようにしぼんでいます。

 

この様子からあまり理想的な生長をしているとはいえません。

そこでこのまま様子を見るか対策するか考えましたが、先ほどもお伝えしたように、先日までセロームに使っていた水受け付きの鉢が空きました。

またベンジャミン・スターライトの植え替えは秋に土ごとしていますので、そこにも原因がある可能性があるのではと思い、この鉢に新たな土を使って植え替えてみたいと思います。

 

 

ベンジャミン・スターライトの植え替え

ベンジャミン・スターライトは先ほどからご紹介している、100円ショップの水受け付きの、この白いプラスチックの鉢へ植え替えをしたいと思います。

 

 

状態確認のため、ベンジャミン・スターライトの根本から持ち上げてみると、簡単にもちあがりました。

こういった様子から、しっかりと根付いていないことが、このような生長の仕方へと繋がっているのではないかと思います。

 

 

そこでこのように、気になっていた古い土をなるべく取り除き、新しい土で植え替え生育環境を整えたいと思います。

 

 

植えなおした後、先ほどのしぼんだ枝はカットしました。

 

 

最後にベンジャミン・スターライトの葉のホコリやヨゴレを洗い流すため、たっぷりと葉水しました。

これでベンジャミン・スターライトの2度目の植え替え作業は完了です。

 

それでは植え替えをしたベンジャミン・スターライトをご紹介します。

 

 

植え替えたベンジャミン・スターライト

こちらがセロームで使っていた、白いプラスチックの鉢へ植え替えをしたUCHIのベンジャミン・スターライトです。

この鉢でもベンジャミン・スターライトからすると、やや大きめな印象ですが、この鉢が似合うよう生長することを期待したいと思います。

 

 

また葉にはたっぷりと葉水をしてキレイになりましたが、やはり特徴の班が占める割合が減ったので、ベンジャミン・スターライトの葉としてはやや魅力に欠けた印象があります。

植え替えたことでこういった様子の改善にも繋がればいいのですが、これはおそらく日照不足も関係していると思いますので、置き場所の再検討もしたいと考えています。

 

 

ベンジャミン・スターライトは植え替える時季が悪かったのか、それとも土ごと植え替えたのが影響したのか定かではありませんが、これまではあまり理想的な生長をしてくれませんでした。

しかしなるべく古い土を取り除き、新しい土で植え替えしたので、今度こそより良い姿へと生長してくれることを期待したいと思います。

 

これからより活発な生育をしてくれると思いますので、また秋に、その時のベンジャミン・スターライトの様子をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介したベンジャミン・スターライトの基本的な育て方はこちらでご紹介しています。

また過去のベンジャミン・スターライトの様子を一覧で追ってご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

もしよろしければこのブログをシェアして頂けると幸いです。